GEMFOREXの取引時間はいつがベスト?効果的な取引時間を解説!

  • 「GEMFOREX(ゲムフォレックス)における取引はいつ行うのが正解なの?」
  • 「取引時間はいつにすれば効果的な取引を行うことができるのだろう?」
  • 「GEMFOREXにおけるベストな取引時間について知りたい!」

FXトレーダーの方だと、このように考えている方もいらっしゃることでしょう。GEMFOREXでは、どんな時間に取引を行うと自分にとって有益となるのかということは、GEMFOREXを活用するトレーダーとして知っておきたいことですよね。

また、

「GEMFOREXのサマータイムと冬時間ってどういう違いがあるの?」

「GEMFOREXの取引時間に関して気をつけるべきことはあるのか?」

このように疑問を持たれている方も多いかと思います。この記事ではこのような方にむけて、GEMFOREXにおける「ベストな取引時間」「サマータイムと冬時間の違い」「取引時間の注意点」などについて調査したものをご紹介していきたいと思います。

GEMFOREXにおける効果的な取引時間を知ることができれば、これまでの取引よりも一層有効的に立ち回ることができるようになるでしょう。それでは、GEMFOREXの取引時間についてご案内していきます。

GEMFOREXにおけるベストな取引時間はロンドン市場が盛んなとき!

それでは早速、GEMFOREXにおけるおすすの取引時間について見ていきましょう。結論から言うと、「ロンドン時間からニューヨーク時間における17〜21時ごろ」がベストな時間帯だと言えます。

この時間帯では、ドル円やユーロドルのボラティリティ(価格変動の度合いを表したもの)が高くなる傾向があるからです。さらにロンドン市場は取引が盛んなため、相場変動が安定しやすいでしょう。

取引時間にはサマータイムと冬時間がある

GEMFOREXで有効的なFX取引を行っていくためにも、海外のFX業者であるGEMFOREXについて軽く触れておきましょう。GEMFOREXは数あるFX業者のなかでも「使い勝手が良い」という定評がある海外FX業者です。

また、GEMFOREXをFX取引に活用すれば、「最大レバレッジ1000倍(レバレッジ:少ない資金で大きな資金を動かせること)」「ゼロカットシステムの利用(ゼロシステム:ユーザーの口座がマイナスになった場合、マイナスをゼロに戻してくれるという救済のこと)」「入会時や入金時のボーナスを得ることができる」「EA(自動売買ソフト)が使い放題」などの恩恵を得ることができるでしょう。

このようなGEMFOREXにおける取引時間について、早速ご覧頂きましょう。GEMFOREXは「夏時間(通称:サマータイム)と「冬時間」の2つに分かれています。

     サマータイム                 冬時間
    取引時間     月曜6:10〜土曜5:50       月曜7:10〜土曜6:50

こちらの表をご覧いただくと、「サマータイムの方が冬時間よりも取引開始時間と取引終了時間が1時間早い」ということがお分かりいただけることでしょう。この理由は実にシンプルで、朝太陽が昇ってくる時間が夏の方が冬よりも早いからだそうです。

では、このような「サマータイム」と「冬時間」における具体的な違いにはどのようなものがあるでしょうか?

GEMFOREXのサマータイムにおける2つの注意点

ここまでご紹介してきたGEMFOREXにおけるサマータイムには、FXトレーダーの方にとって気をつけるべきポイントが2つ挙げられます。その気をつけるべきポイントとは、いったいどのようなことがあるか想像できるでしょうか?

また、サマータイムは日本において導入されていない制度でもあります。さらに、FX取引を行っていく上では、サマータイムについてしっかりと注意しておく必要があります。

ここからは、GEMFOREXにおけるサマータイムにおける2つの注意点について見て行きましょう。

取引時間が異なる

前項で記述したとおり、サマータイムは冬時間よりも取引時間が1時間早いという特徴があるということは、すでにお分かりいただけた事実です。GEMFOREXでは、「例年3月初旬〜11月下旬まで」をサマータイムと定義しています。そして、冬時間は「例年12月〜2月まで」と定義されています。

サマータイムは、太陽が出ている時間を有効活用するために、標準時から1時間早めている制度だということです。GEMFOREXの公式サイトにおいてもサマータイムと冬時間における期間についての案内があるため、必ずチェックするようにしましょう。

このように、GEMFOREXにおいての「サマータイム」と「冬時間」には、主に取引時間における違いがあるということがお分かりいただけると思います。

国ごとに異なる取引時間が設定されていること

GEMFOREXにおけるサマータイムの注意点として、非常に重要なポイントとなるのはここからです。それは、「GEMFOREXにおけるサマータイムでは、国によって開始時期が異なる」ということ。日照時間の推移も国によって違うことから、GEMFOREXではサマータイムに一定の取引期間を設けていません。

そのため、注文時間を間違えてしまったりするなどして、大きな損失を被ってしまうという方もいらっしゃるでしょう。夏時間と冬時間の違い、各国ごとの取引期間の違いなどをしっかりと把握した上で、FX取引を行っていくことが大切だということです。

また、実際にサマータイムにおいてFX取引を行っていると「MT4」という用語に触れる機会も増えてくるでしょう。MT4とは、いったいどのような意味を持った言葉なのでしょうか?

MT4で日本時間における取引時間を設定することは可能!

MT4(メタトレーダー4)とは、世界的に利用されている高性能なチャートソフトのことを指します。MT4は、FX取引においてメジャーな取引プラットフォームです。また、MT4では、通貨の売買だけでなくインジケーター(チャートを用いた指標のこと)や、その他のツールなども使うことができます。

まず、MT4でFXを行っていく上では、「GMT」を理解している必要があります。GMTとは、「Greenwich Mean Time」の略で、「世界標準時」のことです。

世界標準時はイギリス・ロンドン郊外にあるグリニッジ天文台を子午線としています。すなわち、GMTとは「イギリスにおける時間」を表しているということです。

FX取引を行っているとき、「GMT+◯◯」「GTM−◯◯」という表記を見たことはないでしょうか?これはすなわち、イギリスの時間を基準として各国の時間を表しているものなのです。このようなGMTについて理解しておけば、MT4をFX取引に活用していくことができるでしょう。

しかし、「GMTにおける表示ではわかりづらい。日本時間で表示したい!」という方も多いと思います。ただ、初期状態のままでは日本時間で表示することはできません。

そこで、MT4における取引時間を日本時間に設定することができる方法について見ていきたいと思います。MT4で取引時間を日本時間に変更するために必要なことは、「JPN_Time_SubZero」というインジケーターをMT4に導入することです。

「JPN_Time_SubZero」をダウンロードしたら、MT4から「ファイル」→「データフォルダを開く」→「MQL4」「Indicators」→「JPN_Time_SubZero」という流れで、MT4に導入することができます。

導入したら、「挿入」→「インディケータ」→「カスタム」→「JPN_Time_SubZero」の手順を踏みます。これで、日本時間における取引時間をMT4で表示することが可能です。

GEMFOREXの取引時間において気をつけるべき4つの注意事項

ここまで、GEMFOREXのサマータイムや冬時間においての取引時間の注意点などについてご紹介してきました。「ただ正直、取引時間に関する注意事項はもっとあると思うし、気をつけるべきことを持っと知りたい」と思いますよね。

実際に、GEMFOREXの取引時間における注意すべきことはサマータイムのことだけではなく、まだまだ知っておくべき注意点が存在しています。

GEMFOREXの取引時間において気をつけるべきポイントとして、「相場が大きく変動するタイミング」「土日の持ち越し行為」「土日の持ち越し行為」「動きやすい通貨は時間帯によって変わること」「オセアニア時間での取引」という4つのポイントが挙げられるでしょう。

これら6つの注意事項は、どういった要因で注意事項だと言われているのでしょうか?ここからは、GEMFOREXの取引時間において、気をつけるべき4つの注意事項について見ていきます。

相場が大きく変動するタイミング

取引時間において注意すべきポイントとして、まず「相場が大きく変動するタイミング」ということが挙げられます。

相場が大きく変動するタイミングで取引を行うというのは非常にリスクが高いという行為だということは、為替市場や株式市場などにマーケットに携わっているトレーダーの方にとってはすでに周知の事実でしょう。

「相場が大きく変動するタイミングってどんなとき?」というように思われている方もいらっしゃるかと思います。相場が大きく変動するタイミングとしては、「雇用統計」「生産者物価指数」「消費者物価指数」「貿易収支」などの、「経済指標発表時」におけるタイミングが挙げられるでしょう。

「どうして、経済指標発表時には相場が大きく変動するの?」と思われる方もいらっしゃると思います。なぜかというと、経済指標はマーケット市場の動向の見通しを立てていく上で非常に役立つため、多くのマーケット関係者たちからの注目が集まるからです。

そして、多くのマーケット関係者たちから注目が集まるということは、それだけ景気動向に与える影響も大きくなっていくということにつながります。

ただ、経済指標発表などはFX取引において景気動向を見極める確かな根拠はありません。そのため、経済指標発表時に勝負に出ることは無謀なギャンブルとなるでしょう。

堅実なFX取引を行っていくためには、具体的な根拠があり優位性があると判断した上で勝負することが重要です。

また、相場が大きく変動するタイミングとしては、「長期足(長い時間足から見通しを立てること)の確定タイミング」ということも挙げられるでしょう。GEMFOREXの取引時間において、長期足の確定タイミングにも注意を払っていく必要があります。

なぜかというと、長期足が確定するタイミングの前後には、「決済」「エントリー」が多く行われるからです。決済やエントリーが多いということは、景気動向に与える影響もそれだけ大きいということにつながります。

このような経済指標発表時や長期足の確定タイミングに注意して、FX取引を行っていきましょう。

土日の持ち越し行為

GEMFOREXにおいて、「土日の持ち越し」は危険な行為だと言われています。

なぜ危険かというと、GEMFOREXを含めた多くの海外FX業者は土日における取引ができないからです。すなわち、土曜日と日曜日においては何があってもポジション(持ち高)を手放すことができないということになります。

そのため、月曜日の早朝における相場があらかじめ予想していた景気動向とは異なった動きをした場合、その位置における決済となるということです。たとえ土日のどちらかに景気変動のきっかけとなる経済ニュースがあったとしても、土曜日と日曜日の最中ではなにも手出しをすることができません。

また、月曜日の早朝にはには窓開けが起こりやすいと言われています(月曜日の窓)。窓とは、FXにおいて取引することができない状態のことを指します。

そして、土曜日と日曜日で大きく膨らみあがった損失は最悪の場合、強制ロスカット(損切り)となる可能性もあります。そのため、土日前にはポジションを決済しきることが重要となるのです。

取引時間よって値動きする通貨もある

FX取引においては、取引が多かったり、値が動きやすいなど時間帯によってさまざまな特徴があります。そのため、取引を狙っている通貨ごとに取引時間を調節する必要があるということです。

以下は時間帯によって値動きしやすい通貨についてまとめたものになります。

        時間帯      値動きしやすい通貨
          5:00~7:00        ADD・NZD関連
                         7:00~15:00        JPY関連
                         17:00~25:00                          EUR・GBP関連
                         22:00~5:00        USD関連

このように、値動きが激しい時間帯に取引を行ってしまうと、大きな損失を被ってしまう可能性も高くなってしまいます。そのため、FX初心者のうちはこういった時間を避けておくのが無難だと言えるでしょう。

また、値動きが激しくなる時間帯として特に気をつけたいのは「夏時間21時〜翌1時・冬時間22時〜翌2時」といった時間帯です。この時間帯は経済上において、どのようなことが起こっているのでしょうか?

この時間帯に経済上で起こっていることは「ヨーロッパの市場」と「アメリカの市場」が開かれているということです。すなわち、アメリカとヨーロッパの市場が、同時に開催されているということになります。そのため、FX市場における相場の動きも激しくなってしまうというわけです。

また、欧州時間とNY時間が重なるという時間帯も値動きが激しくなる時間帯だと言えます。FXトレーダーとして経験を積んでいくにあたって、このような値動きが激しくなるという時間帯には細心の注意をしておきましょう。

オセアニア時間での取引

GEMFOREXの取引時間において注意すべきこととして、「オセアニア時間での取引」ということも挙げられます。驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、オセアニア時間は為替市場などのマーケットから「魔の時間」と呼ばれることがあるそうです。

「そもそも、オセアニア時間って何?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。オセアニア時間とは、市場参加者が極めて少なく値動きがほとんどないという時間帯のことを指します。

「値動きが少ないなら、比較的安全に取引を行うことができるんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、オセアニア時間は取引量が非常に少なくなってしまうがゆえに、「為替変動が起きやすい状況」になってしまいます。すなわち、ちょっとしたことで、為替市場に大きな影響を与えてしまうような状況になっているというわけです。

また、オセアニア時間では値動きがほとんどないため、スプレッド(通貨を売るときの値段から通過を買うときの値段の差のこと)が大きくなりやすい状況だとも言えるでしょう。スプレッドは抑えたほうがFX取引において有効的なので、オセアニア時間での取引には気をつけたほうがいいでしょう。

以上のことから、市場が閑散としているというオセアニア時間に取引をすることは、マーケット関係者から危険な時間帯だと言われているのです。

まとめ

取引時間によって価格が変動しやすい通貨があったりと、GEMFOREXにおける取引時間にはポイントとなることが多く存在していることが、よくお分かりいただけたことでしょう。

GEMFOREXにおける取引時間のポイントについてしっかりと把握しておくことは、FX取引を有効的に進めていく上でとても重要なことなのです。そのため、今回学んだことはしっかりと理解を深めておけば、FXにおいて役立てることができるでしょう。

ABOUT US

GEMFOREX(ゲムフォレックス) 専門億トレーダー
大阪大学卒業後、新卒で東京に本社のある一部上場IT企業に入社。ホームページ制作の部署に配属され、数年間勤務する。その後、280万を元手にホームページ制作会社を起業するも失敗。

一発逆転するため国内FXでそこそこ上手く行きそうな所で崩壊。。。最後の望みをかけた海外FXで見事一発逆転!!!海外FXを始めて、色々な業者を試した結果、運命の海外FX業者であるGEMFOREX(ゲムフォレックス)に出逢う!

GEMFOREXは、レバレッジが最大1000倍と日本では考えられない数値を設定でき、勝負どころでは収益を飛躍的に伸ばすことに成功し、日本円での資産は、2020年に1億を突破しました。(2020年10月に資産1億突破している通帳記帳も絶賛公開中)