GEMFOREXでスプレッドを最小に抑えたい人必見!GEMFOREXの使い方

  • 「GEMFOREXでスプレッドを最小に抑えたい!」
  • 「他のFX業者と比べると、GEMFOREXのスプレッドはどうなの?」
  • 「GEMFOREXにおける口座ごとのスプレッドの違いを知りたい!」

このような疑問を持たれている方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。数ある海外FX業者のなかでも、使い勝手が良いGEMFOREX(ゲムフォレックス)。GEMFOREXを使えば「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」「EA(自動売買ソフト)が使い放題」「レバレッジ最大1000倍」という恩恵を受けることができます。

このようなGEMFOREXでFX取引を行っていき、最大限の利益を得るためには「GEMFOREXにおけるスプレッドを最小に抑えるための知識」について把握しておくことが重要だと言えるでしょう。

この記事では、このようなGEMFOREXでスプレッドを最小に抑えたい人に向けて「GEMFOREXのスプレッドにおいて知っておくべきこと」についてご紹介していきます。

ここでご紹介する知識をGEMFOREXを活用したFX取引に取り入れることができれば、今までよりも合理的なFXトレーダーとして立ち回っていけるようになるでしょう。

FX会社が打ち出す2種類のスプレッド

「そもそも、スプレッドって何のこと?」というように思われている方も、少なからずいらっしゃると思います。

スプレッドとは、BID(売値)からASK(買値)を引いた差額のことを表した指数のことです。一般的に、スプレッドの数値は狭い方(数値が低いということ)がFX取引で有益を出しやすくなると言われています。

すなわち、FX業者を選ぶ上で「スプレッドは狭い業者なのか?」という判断基準は非常に重要な観点だということです。国内や海外には数多くのFX業者が存在していますが、そのなかでも、「GEMFOREXのスプレッドはFX業者でトップクラス」だと言われていることはご存知でしょうか?

ただ、「GEMFOREXを有効的に使っている場合」でないと、FX業界でトップクラスのスプレッドとはなりえません。そのため、GEMFOREXのスプレッドに関する知識を頭に入れておくことが重要だと言えるでしょう。

そこでまず、スプレッドに関する知識として知っておきたいことは、スプレッドには主に「原則固定スプレッド」「変動スプレッド」2つの種類があるということです。

原則固定スプレッドと変動スプレッドは、それぞれどのようなスプレッドなのでしょうか?この2つのスプレッドについて、ひとつずつ解説します。

原則固定スプレッド

「原則固定スプレッド」とはその名の通り、スプレッドを常に一定に保つという特性を持ったスプレッドのことを指します。たとえ、BID(売値)やASK(買値)が変動してしまうというときでも、スプレッドを一定に保ち続けられるのが原則固定スプレッドです。

原則固定スプレッドでは、BID(売値)が変動することで、原則としてAKS(買値)も同じだけ変動するという特性があります。

「じゃあ、原則ではないときはどうなるの?」というように思われた方もいらっしゃることでしょう。そもそも、原則ではないときとはどのような状況が定義されているのでしょうか?

原則が適用されないという状況は、「為替相場における変動が激しいとき」が挙げられるでしょう。為替相場が急変しやすいときの代表的な例としては、「経済指標発表前後のタイミング」が挙げられるでしょう。経済指標とは、経済状況の把握や見通しを立てる上で非常に重要となるパロメーターのことを指します。

経済指標の代表的なものには「米国雇用統計(アメリカ合衆国の雇用情勢を表す指標)」「生産者物価指数(生産者が出荷した製品などの販売価格の変動を表した指標)」「貿易収支(物の輸出入における収支を表した指標)」「国内総生産(一定期間内において国内で生み出された付加価値の総額を表した指標)」などが挙げられるでしょう。

このような経済指標は、株式市場や為替市場などのマーケットからの注目度が非常に高いと言えます。そのため、注目度が高けば高いほどマーケットに与える影響も大きくなり、相場の動きが激しくなるというわけです。

また、FX市場が大きく変動するタイミングとして「要人発言」も挙げることができるでしょう。要人発言とは、経済政策や金融政策に携わっている者が経済に関する発言をすることです。

このような経済政策や金融政策などの関係者が、景気の現状や見通しなどを発表することによって、結果的に為替相場などのマーケットに大きな影響を与えることがあります。

GEMFOREXなどの海外FX業者において、このように為替相場が激しくなるときは大きな損失が発生しやすい状況だと言えるのです。そのため、スプレッドを拡大させることで大きな損失を回避することができるということです。

そして、このような原則固定スプレッドを適用しているのは、国内FX業者に多い傾向があります。

変動スプレッド

「変動スプレッド」とは、相場の状況に応じて変動が起こるスプレッドのことです。変動スプレッドでは、FX業者が通貨ペアごとのスプレッドを固定していません。

そのため、変動スプレッドは、レートの変動によってスプレッドが広がったり縮まったりする特性をを持ちます。すなわち、レートがどのように変動するかで、スプレッドも変わってくるという特性を持つのが変動スプレッドなのです。

BID(売値)が変動するとASK(買値)も同じように変動する原則固定スプレッドと異なり、変動スプレッドは、BID(売値)だけならBID(売値)だけで変動し、ASK(買値)だけならASK(買値)だけで変動するような傾向があります。

このような変動スプレッドは、使い方によっては固定スプレッドよりも狭いスプレッドでFX取引が行うこともできます。なぜかというと、変動スプレッドは固定スプレッドよりもスプレッドが狭くなることもあるからです。

また、変動スプレッドは原則固定スプレッドと同じように、「為替相場の変動が激しい時」にスプレッドが大きくなる傾向があります。すなわち、前項で上述した「経済指標発表前後のタイミング」や「要人発言」の際に、FX業者がスプレッドが変動させるということです。

変動スプレッドを適用しているのは、主に海外FX業者に多い傾向があります。

GEMFOREXは変動スプレッドを適用している

GEMFOREXは原則固定スプレッドと変動スプレッドのどちらを適用しているかというと、前項で上述したとおり海外FX業者の多くが取り入れている「変動スプレッド」です。

変動スプレッドを適用するメリットとして、「相場の変動によってはスプレッドが非常に狭くなる」ということが挙げられるでしょう。場合によっては、変動スプレッドは原則固定スプレッドよりもスプレッドを抑えることができるのです。

さらに、変動スプレッドを適用したときの主要通貨におけるスプレッドは最小で0.0pipsまで抑えることができると言われています。スプレッドが0.0pipsというのは、原則固定スプレッドでは実現できないほどの狭さだと言えるでしょう。これは、変動スプレッドのメリットだと言えます。

ただ、変動スプレッドにおいて気をつけたいことは「スプレッドが広がるときはとにかく広がってしまう」ということです。場合によっては、原則固定スプレッドよりもスプレッドが拡大してしまうこともあるでしょう。こういった点が、変動スプレッドのデメリットだと言えます。

このような変動スプレッドのメリットとデメリットをしっかりと理解し、上手に活用することができれば、変動スプレッドは非常に有効的だと言えるでしょう。

しかし、「変動スプレッドって難しそう・・・」というように、やはりどうしてもFX初心者の方では変動スプレッドを使いこなすことは難しいことです。そこで、GEMFOREXではある施策を取り入れています。

GEMFOREXが取り入れている施策とは、「ドル円のみ、原則固定スプレッドを適用する」という施策です。原則固定スプレッドを適用している海外FX業者は少ないですが、GEMFOREXでは「ドル円のみ」、原則固定スプレッドを適用しています。

さらに、GEMFOREXにおけるドル円のスプレッドは「0.3pips」という狭さです。0.3は業界では最高レベルの狭さだとも言われています。そのため、GEMFOREXのスプレッドは他のFX業者から、ダントツでトップクラスだと言われているのです。

また、「XM」というトップクラスの海外FX業者と比較しても、どちらかというとGEMFOREXの方がスプレッドが狭いと言われています。GEMFOREXのスプレッドの狭さは驚異的だと言えるでしょう。

GEMFOREXのスプレッドが変動しやすいのはNDD方式だから

相場の状況に応じてスプレッドが変動しやすい変動スプレッドを適用しているGEMFOREXでは、スプレッドが変動しやすいのも納得できると思います。

ただ、GEMFOREXのスプレッドが変動しやすくなっている原因には、この他にもまだあります。GEMFOREXのスプレッドが変動しやすい原因としては、「GEMFOREXはNDD方式を取り入れている」ということが挙げられるでしょう。

「NDD方式とはいったい何のこと?」と思われる方もいらっしゃると思います。NDDとは、ユーザーからの注文をそのままカバー先(FXのトレードでレートを提示されるとき、業者からリアルタイムで取引されている為替レートを受け取る機関のこと)の金融機関につなげるという方式のことです。

このようなNDD方式は、多くの海外FX業者から取り入れられている取引方式でもあります。NDD方式を取り入れることで、FXトレーダーがインターバンク市場(金融機関などに参加が限定された市場のこと)と直接取り引きを行うようになります。

トレーダーはFX業者に手数料を支払うことで、インターバンク市場との取引をサポートしてもらうことができるという仕組みです。

カバー先の銀行はFX業者からの契約が増えると、その分だけ市場が大きくなり、大きな注文もさばけるようになります。そして、市場が大きくなりトレーダーも増えれば、売買価格の注文が成立しやすいようになる傾向があります。

ただ、スプレッドの変動の原因ははカバー先にあるため、FX業者は自社でスプレッドを固定することができません。すなわち、スプレッドはカバー先の状況によって変動しやすいということになります。

NDDを取り入れていると考えられているため、GEMFOREXはスプレッドが変動しやすいという見方があるというわけです。

スプレッドは通貨ペアごとによっても変動する

GEMFOREXでスプレッドを最小に抑えていきたいという方は、「スプレッドは通貨ペア(2つの国の通貨のこと)ごとによっても変動する」という特徴について知っておく必要があります。

「どうして通貨ごとにスプレッドが変動するの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。まず、スプレッドの大きさは、取引量や取引方法によって決まっています。

一般的に、取引量の多い通貨ペアは、安定した価格での取引を行うことが可能です。そのため、金融機関はスプレッドを小さく設定できるようになります。

一方、取引量の少ない通貨ペアだと、スプレッドは広く設定されてしまうでしょう。このように、通貨ペアの取引量によってスプレッドに変動がおきるというわけです。

また、マーケットの基軸通貨は対ドルと定められているため、ドルを介して取引を行う場面があります。たとえば、「ユーロ円」を買いたいときは1度の取引では済まず、ドルを介さないとユーロを買うことはできないとうケースが挙げられるでしょう。

このように、1度で通貨ペアの取引が行えない場合は、1度で取引が行える通貨ペアよりもスプレッドが必然的に高くなってしまうというわけです。

GEMFOREXのスプレッドは口座タイプごとによっても変わる

GEMFOREXは主に「オールインワン口座」「ノースプレッド口座」という2つの口座があります。

オールインワン口座とノースプレッド口座の大きな違いは、「スプレッドの大きさ」だと言えるでしょう。オールインワン口座より、ノースプレッド口座の方がスプレッドが狭いです。すなわち、オールインワン口座よりもノースプレッド口座の方が、FX取引において有効的だと言えるでしょう。

ただ、ノースプレッド口座における「初回最低入金額」は、30万円からと高額に設定されています。一方、オールインワン口座における初回最低入金額は100円からOKなので、非常に少ない資金から始めることが可能です。そのため、「オールインワン口座よりノースプレッド口座のほうが良い」と一概に言うことはできないでしょう。

また、GEMFOREXではこれら2つの口座に併せて、「レバレッジ5000倍口座」というものもあります。レバレッジ5000倍口座では、レバレッジとして非常に高い数値の5000倍という、その名の通りの取引が可能です。

「オールインワン口座」「ノースプレッド口座」「レバレッジ5000倍口座」などの、これら3つの口座において、それぞれのスプレッドはどうなっているのでしょうか?

以下は3つの口座におけるスプレッドの比較した一覧となっています。

     通貨ペアオールインワン口座ノースプレッド口座レバレッジ5000倍口座
  USD/JPY    1.2    0.3    1.7
  CHF/JPY    2.1    1.5    2.6
  AUD/CAD    2.5    2.4    3.0
  AUD/JPY    1.6    0.6    2.1
  AUD/NZD    2.3    1.9    2.8
  AUD/USD    1.5    0.3    2.0
  AUD/CHF    2.4    1.4    2.9
  CAD/JPY    2.0    1.2    2.5
  EUR/AUD    2.3    1.5    2.8
  EUR/CAD    2.2    2.0    2.7
  EUR/CHF    2.0    0.7    2.0
  EUR/GBP    1.4    0.3    1.9
  EUR/JPY    1.3    0.5    1.8
  EUR/USD    1.2    0.3    1.7
  EUR/NZD    3.2    3.1    3.7
  EUR/ZAR    102.8    68.3    103.3
  GBP/AUD    3.2    3.1    3.7
  GBP/CHF    3.1    1.6    3.6
  GBP/JPY    1.7    1.0    2.2
  GBP/USD    2.2    1.3    2.7
  GBP/NZD    3.0    2.9    3.5
  GBP/CAD    3.3    2.4    3.8
  NZD/JPY    2.1    1.2    2.6
  NZD/USD    1.8    1.1    2.3
  USD/CAD    2.0    0.8    2.5
  USD/CHF    1.9    0.3    2.4
  USD/CNH    17.4    17.3    17.9
  USD/HKD    15.0    13.3    15.5
  USD/SGD    3.3    3.2    3.8
  USD/TRY    22.0    20.3    22.5
  USD/MXN    55.0    53.3    55.5
  USD/ZAR    16.0    15.0    16.5
  XAU/USD    3.0    2.1    3.5
  XAG/USD    2.1    2.0    2.6

※スプレッドは常に変動しているため、数値はあくまで参考値です。

まとめ

GEMFOREXにおいて、スプレッドを最小に抑えるヒントを得ることができたと思います。また、早朝や週明けの時間はスプレッドが開きやすいという傾向があるので、ポイントとして覚えておきましょう。

ABOUT US

GEMFOREX(ゲムフォレックス) 専門億トレーダー
大阪大学卒業後、新卒で東京に本社のある一部上場IT企業に入社。ホームページ制作の部署に配属され、数年間勤務する。その後、280万を元手にホームページ制作会社を起業するも失敗。

一発逆転するため国内FXでそこそこ上手く行きそうな所で崩壊。。。最後の望みをかけた海外FXで見事一発逆転!!!海外FXを始めて、色々な業者を試した結果、運命の海外FX業者であるGEMFOREX(ゲムフォレックス)に出逢う!

GEMFOREXは、レバレッジが最大1000倍と日本では考えられない数値を設定でき、勝負どころでは収益を飛躍的に伸ばすことに成功し、日本円での資産は、2020年に1億を突破しました。(2020年10月に資産1億突破している通帳記帳も絶賛公開中)