GEMFOREXで入金を行いたい!入金方法&種類まとめ

  • 「GEMFOREXで入金を行いたいけど、入金方法にはどのような種類があるのか知りたい!」
  • 「GEMFOREXにおけるおすすめの入金方法について知りたい!」

このように考えている方も、きっと多くいらっしゃるかと思います。ここでは、このような方に向けて、「GEMFOREXにおける入金方法とその種類」についてご紹介していきます。

GEMFOREXにおけるさまざまな入金方法について知ることができれば、より効果的にFXトレードを行っていくことができるようになるでしょう。

また、「GEMFOREXにはお得な入金ボーナスがある」という口コミを見たことがあるという方も多くいらっしゃると思います。このようなGEMFOREXにおける噂の真実は、本当なのでしょうか?

こういったGEMFOREXにおける入金ボーナスについても、ここではご紹介していきたいと思います。「これから、GEMFOREXをFXトレードに活用していきたい!」という方も、この記事でご紹介していることを、是非参考にしてくだされば幸いです。

それでは、GEMFOREXにおける入金方法について、早速見ていきましょう。

GEMFOREXにおける王道の入金方法は銀行送金!

GEMFOREXには多くの入金方法が存在していますが、その中でも特に王道だと言えるのは「銀行送金による入金」だと言われています。

「銀行送金という入金方法は、具体的にどういった入金方法なの?」と疑問に思われる方も少なからずいらっしゃるかと思います。そこで、銀行送金の概要について簡単に解説しましょう。

銀行送金という入金方法は、資金を直接的に業者へ渡すのではなく、銀行口座から振り込みすることによって入金を完了させることです。ここまでは、皆さんすでにご存知かと思います。

そして、GEMFOREXにおける国内送金は口座へ「即時反映される」というメリットがあります(海外送金の場合は送金してから数日後に反映される)。そのため、スピーディーな入金を求めているという方にも、GEMFOREXはおすすめの海外FX業者だと言えるでしょう。ただ、夜に銀行口座へ振り込むと翌営業日に振り込まれてしまうため、多少の注意が必要です。

また、銀行送金を行う上で気をつけるべきポイントは「口座開設の名義と振込依頼人名義を同じ名義にすること」「GEMFOREXにおける口座番号を振込依頼人の末尾と備考欄にそれぞれ記入しておくこと」「GEMOFREXのマイページに個人情報をあらかじめ登録しておくこと」「銀行口座に入金する前に入金予約登録」などが挙げられるでしょう。

これらをしっかり守っていかないと、出金しようとする際に「出金拒否」などのペナルティを喰らってしまう原因になってしまいます。そのため、これらの注意事項はしっかりと抑えておくことが大事です。

また、「国内送金ができる海外FX業者を探している」という方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか?なんと、GEMFOREXでは国内送金することも可能となっています。

ちなみに、海外FX業者において国内送金ができるのはGEMFOREXとXMの2つだけです。海外FX業者で国内送金できるということは、日本のユーザーとして非常に嬉しいことですよね。

では、このようなGEMFOREXにおける銀行への送金方法による入金の手順について、見ていきたいと思います。GEMFOREXで銀行送金を行うときの手数料は無料なので、不安だった方はご安心ください。

また、銀行振込で入金を行う前には「入金予約登録」を行う必要があると前述しました。GEMFOREXのホームページのフォームから入金予約登録を済ませたら、実際に銀行送金を行っていきましょう。

まず、マイページのメニューから「ご入金」をクリックします。そうすると入金依頼ページが開かれると思います。そして下にスクロールすると「銀行振込入金予約登録フォーム」が出てくるでしょう。

銀行振込入金予約登録フォーム

この登録フォームの「ご入金口座」にGEMFOREXの口座番号を、「ご入金金額」に希望の入金金額を入力します。必要事項を入力し終わったら「上記内容にて振込予約する」をクリックし送信しましょう。

このようにして銀行送金を行うことができるため、非常に容易に入金することがお分かりいただけると思います。

GEMFOREXではクレジット決済の入金も可能!

GEMFOREXでは、クレジット決済によって入金する方法もあります。クレジット決済は非常に利便性が高いため、最も利用されているインターネット決済手段の1つだと言われています。

また、クレジットカード決済による入金も「即時反映」のため、非常にスピーディーに入金を行うことができるでしょう。さらに入金時の手数料も無料なので、手数料を気にせず入金を行うことができます。

クレジット決済における入金を行うときに気をつけるポイントは、「最低入金金額が50米ドル/5000円」「1回につき入金上限金額は50万円」「1日に入金できる回数は3回まで(50万×3=150万円」「FX口座名義とカード名義を同じ名義にする必要があること」「1日の上限額を振り込んだ場合は2営業日待たないと、再度入金することができない」などのことが挙げられるでしょう。

そして、クレジット決済による入金が行えるクレジットカードとしては、「Visa」「JCB」「アメックス」「DISCOVER」「Master」「Club」という6種類だけです。そして、Visaのクレジットカードだけは、1回における入金上限額が「26万5千円」となっています。

それでは、このような特徴を持つクレジット決済入金を行う手順について見ていきましょう。まずは、マイページのメニューから「ご入金」をクリックし下にスクロールすると、「口座番号」「ご入金金額」を入力する欄があると思います。

口座番号とご入金金額を入力したら、「入金はコチラ」をクリックしましょう。そうすると、以下のような項目を入力するための「GEMFOREXクレジット決済申請フォーム」という画面が表示されます。

クレジット決済申請ホーム

この画面が出てきたら、「名前」「カード種類」「クレジットカード番号」「カード有効期限」「CVV/CVC(カードコード)」などの入力項目を埋めていきましょう。これらのクレジットカード情報を登録し終えたら、「決済確認」という赤いボタンをクリックします。

※上述した通り、口座の名義人とクレジットカードの名義人が同一になっているかどうか、しっかりと確認することが重要です。

このような手順でクレジット決済による入金をすることができます。また、クレジット決済の場合は「国外決済」という扱いになるため、決済時間と請求時間に約17時間の差が発生します。これらのことをしっかりと踏まえた上で、クレジット決済入金を行っていきましょう。

ビットコイン・イーサリアムでの入金もおすすめ!

銀行送金による入金・クレジット決済による入金と同様に、「ビットコインによる入金」も代表的な入金方法だと言えるでしょう。「そもそも、ビットコインって何のこと?」という疑問を持たれた方も、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

ビットコインとは、いわゆる「仮想通貨(電子データのみでやりとりが行われる通貨のこと」の1つです。通常の仮想通貨は、ゲームやWebサイトのみで使える企業が利益を伸ばすことを目標しています。それに対して、ビットコインは通常の通貨(ドルや円など)と同じように、「経済活動を円滑にするために作られた仮想通貨」なのです。

ビットコインはまだまだ発展途上ですが、ドルや円などよりも利便性が高くなることを目指して作られています。このように将来性があるビットコインを利用した入金方法も、今後に向けて把握しておくと、いずれ役立つかもしれませんよね。

また、イーサリアム(ETH)における入金方法の概要についても抑えておきましょう。イーサリアムとは、仮想通貨の名称というわけではなく、スマートコントラクト(契約条件の締結や履行がプログラムによって自動で行われるシステムのこと)を提供するためのプラットフォームのことです。

そして、スマートコントラクトを運用していくための報酬として、「イーサ(Ether)」という仮想通貨が存在しています。仮想通貨の多くは発行上限枚数が定められていますが、それに対して、イーサは発行上限枚数が定められていません。

そのため、通貨の発行上限が定められているときに起こりがちな「通貨の希少性が高まるのにしたがって時価が上がっていく」という現象が起こりにくくなるでしょう。

ビットコインとイーサリアムそれぞれの詳細は以下の表のようになっています。

種類基本通貨手数料最低入金額反映時間
ビットコインBTC無料0.01BTC即時反映
イーサリアムETH無料0.1ETH即時反映

※0.01BTC=約8,674円、0.1ETH=約2,700円

それでは、ビットコインとイーサリアムによって出金する方法の手順について見ていきましょう。ビットコイン決済とイーサリアム決済は、あらかじめ専用のアドレスを持っておくことが必要となります。

ビットコインのアドレスもイーサリアムのアドレスの生成も「専用アドレス作成」のボタンをクリックして待つだけで生成されます。5分もすれば専用アドレスが生成されるので、それからページを更新すると以下のようなQRコードとBTCアドレス、入金手順について書かれたページが表示されるでしょう。

ビットコインの入金手順

これの入金手順に従って「口座番号の選択」→「右に記載されているBTCアドレスまで0,01以上のBTCを送金する」→「送金処理完了後、トランザクションが確定するまで待つ(認証済み件数が3以上になるまで)」→「トランザクション(コンピュータシステムにおける一連の処理)が確定した段階でMT4口座に反映される」という手順を踏んでいけば、ビットコイン・イーサリアムでの入金が完了できるでしょう。

オンラインウォレット決済による入金方法とオンラインウォレットの10種類について

それでは次に、オンラインウォレット決済による入金方法について見ていきましょう。オンラインウォレットとは、インターネット上に存在している仮想通貨のいわゆる保管場所のことです。

オンラインウォレット決済において注意するべきポイントは「BitWalletは現在停止中」「日本円口座で円の振込に使えるのはSTICPAYのみ」「日本語対応の面で使いづらいウォレットがある」などが挙げられるでしょう。

また、オンラインウォレット決済ができるオンラインウォレットについて、10つご紹介します。それに併せて、それぞれの「基本通貨」「最低入金額」「注意点」について確認してみましょう。

種類基本通貨最低入金額注意点
STICPAYJPY/USD5000JPY/50USD日本語対応
bitwalletJPY100000JPYメンテナス中
PayPalUSD/JPY100USD/10000JPYメンテナス中
MegaTransferUSD/JPY/CNY100USD/10000JPYメンテナス中
PerfectMoneyUSD100USDUSD口座のみ
PAYEERUSD100USDUSD口座のみ
UnisonPayCNY500CNY中国元のみ
WeChatCNY500CNY中国元のみ
ZOTAPAYUSD/JPY/CNY5000JPY/50USD中国語必要
FestPayJPY/USD5000JPY/50USD中国語必要

このように、オンラインウォレットには多くの種類があることが、よくお分かりいただけると思います。GEMFOREX対応のオンラインウォレット決済で入金をしたい場合は、入金方法選択画面で各オンラインウォレットに設定すればOKです。

それでは、これら10種類のオンラインウォレットについて、軽く触れておくとしましょう。現在メンテナンスのオンラインウォレットがいくつかありますが、メンテナンス終了に備えて概要について知っておくことも有意義だと言えるでしょう。

PefectMoney

PefectMoney(パーフェクトマネー)は高いレベルのセキュリティに定評があるオンラインウォレットです。PefectMoneyのメンバー同士でスピーディーな送金ができるということも特長のひとつでしょう。

PefectMoney

PAYEER

PAYEER(ペイヤー)は、手数料なしでシステム内での送金ができることが特長のオンラインウォレットです。オンラインウォレットとしてもシンプルで使いやすい仕様となっています。

PAYEER

ZOTAPAY

ZOTAPAYは、オンライン決済処理・リスク管理・詐欺防止に特化したオンラインウォレットです。信頼性・安全性の高い技術を持ち、安全で便利な支払いが可能となっています。

ZOTAPAY

STICPAY

STICPAY(スティックペイ)に入金すれば、現実のお金のようにFX取引やショッピング、引き出しなどが可能になります。世界中で活用されているという大人気のオンラインウォレットです。

STICPAY

PAYPAL

PAYPAL(ペイパル)というオンラインウォレットでは、デビット・クレジットカード・銀行口座から支払いをすることが可能です。日本円での支払い手数料において、PAYPALでは無料となっています。

PAYPAL

MEGA TRANSFER

MEGA TRANSFER(メガトランスファー)は日本ではあまり馴染みがないかもしれまんせが、PayPalやPerfectMoneyなどと同様の決済手段となっています。中国などで多くの方が活用しているオンラインウォレットです。

MEGA TRANSFER

UnionPay

UnionPayは、世界2000以上の機関と連携し、現在は58以上の国・地域でカード発行を行っているオンラインウォシュレットです。そして、現在は177カ国において、UnionPayが利用可能となっています。

UnionPay

bitwallet

bitwallet(ビットウォレット)では、さまざまな種類のクレジットカードで入金することが可能となっています。「Visa」「JCB」「MasterCard」「アメックス」「ダイナース」などのカードすべてで入金することが可能です。

bitwallet

FAST PAY

FAST PAYとは、売り手に対して自分のクレジットカード情報を知らせる必要がないという支払いが可能なオンラインウォシュレットです。「Visa」「JCB」「MasterCard」「ダイナース」などのクレジットカードに加え、ヤフーウォレットでのID決済にも対応しています。

FAST PAY

WeChat

WeChatは、世界中で利用されているオンラインウォシュレットで、特に中国で多く利用されています。中国人の日常メッセージでのやりとりは、ほとんどWeChatで行われているほどです。スマートフォンやパソコンで利用することができます。

WeChat

口座開設時ボーナスや口座100%入金ボーナスについて

GEMFOREXでは、「口座開設時にボーナスがもらえる」というお得なサービスを行っているということをご存知でしょうか?GEMFOREXにおける口座開設時のボーナスでは、2万円をもらうことができます。

口座を開設するだけで2万円ものボーナスがもらえるというのは、FXトレードを行っている上ではとても嬉しいことですよね。そして、このボーナスは実際のFXトレードにおいて活用することができます。すなわち、ボーナス分だけ有効的にFXトレードを行えるというわけです。ボーナスによって、トレードにおける勝率も高めることができるでしょう。

さらに、GEMFOREXでは口座開設ボーナスと交互に3日間の抽選で、入金100%ボーナスのキャンペーンを行っています。入金の20%〜50%のキャンペーンなら多くのFX業者で行っていると思いますが、GEMFREXでは入金100%という太っ腹なキャンペーンを行っています。

入金100%ボーナスでは入金した金額が丸ごとボーナスとしてもらえるということなので、ユーザーにとっては非常に嬉しいキャンペーンだと言えるでしょう。他のFX業者だとここまで太っ腹なキャンペーンは行っている業者はないため、GEMFOREXならではのキャンペーンだとも言えます。

ただ、入金ボーナスにおける注意点としては「ノースプレッド口座はこれらのボーナスに対応していない」ということが挙げられます。

まず、GEMFOREXには「オールインワン口座」「ノースプレッド口座」という2つの代表的な口座が存在しています。オールインワン口座とノースプレッド口座の主な違いは、主にスプレッドの大きさです。

スプレッドとは、BID(売値)とASK(買値)の差額を表したもので、その数値が低いほどFX取引で優位に立ち回ることができます。ノースプレッド口座はその名の通り、オールインワン口座よりもスプレッドが小さいです。ノースプレッド口座におけるスプレッドの小ささは、FX業者トップクラスだと言われています。

ただ、ノースプレッドだと入金時の100%ボーナスや口座開設時の2万円ボーナスがありません。その上、初回最低入金額は30万円とリスクが高いため、ノースプレッド口座はFXの上級者向けの口座だと言えるでしょう。

その他にも、「ボーナス自体の出金は不可」「一度でも出金を行うとボーナスは消滅する」などの注意事項があるので、よく注意しておきましょう。

まとめ

GEMFOREXにおける入金方法について見聞を広めることができたと思います。それぞれの入金方法をよく確かめて、自分自身に合ったGEMFOREXの使い方を見つけていきましょう。

ABOUT US

GEMFOREX(ゲムフォレックス) 専門億トレーダー
大阪大学卒業後、新卒で東京に本社のある一部上場IT企業に入社。ホームページ制作の部署に配属され、数年間勤務する。その後、280万を元手にホームページ制作会社を起業するも失敗。

一発逆転するため国内FXでそこそこ上手く行きそうな所で崩壊。。。最後の望みをかけた海外FXで見事一発逆転!!!海外FXを始めて、色々な業者を試した結果、運命の海外FX業者であるGEMFOREX(ゲムフォレックス)に出逢う!

GEMFOREXは、レバレッジが最大1000倍と日本では考えられない数値を設定でき、勝負どころでは収益を飛躍的に伸ばすことに成功し、日本円での資産は、2020年に1億を突破しました。(2020年10月に資産1億突破している通帳記帳も絶賛公開中)