GEMFOREXのノースプレッド口座とは?低スプレッドの実態検証

  • GEMFOREXのノースプレッド口座は、どういった特徴を持っているのか?
  • ノースプレッド口座はスプレッドが狭いって専ら評判だけど、どれくらい狭いのか?
  • ノースプレッド口座について概要を知っておきたい!

このページへアクセスしてくださった方には、このような疑問や思いを持たれている方が、多くいらっしゃるかと思います。GEMFOREXの活用を検討されているという方、またはこれから始めるという方にとって、ノースプレッド口座の概要について押さえておくことは非常に重要なことです。

ここでは、このような疑問を持たれているあなたに向けて、「GEMFOREXのノースプレッド口座の概要」についてご紹介していきたいと思います。ノースプレッド口座における重要なポイントを一緒におさえていきましょう。

ノースプレッド口座は国内FXレベルの超低スプレッド 

ノースプレッド口座は、GEMFOREXにおいて1番スプレッドが狭い口座です。

スプレッドとは、通貨ペアを売るときに適用される「BID(売値)」と、通貨ペアを買うときに適用される「ASK(買値)」における差額のことを指します。FXにおいて、スプレッドは狭ければせまいほど、消費コストを抑えることにつながるというわけです。

ノースプレッド口座の他には「オールインワン口座」という口座が、GEMFOREXにおける代表的な口座として挙げられます。ノースプレッド口座と比べ、オールインワン口座はスプレッドが一般的な狭さになっています。

以下の表は、オールインワン口座とノースプレッド口座におけるスプレッドの違いをまとめたものです。

     通貨ペアオールインワン口座ノースプレッド口座
  USD/JPY    1.2    0.3
  CHF/JPY    2.1    1.5
  AUD/CAD    2.5    2.4
  AUD/JPY    1.6    0.6
  AUD/NZD    2.3    1.9
  AUD/USD    1.5    0.3
  AUD/CHF    2.4    1.4
  CAD/JPY    2.0    1.2
  EUR/AUD    2.3    1.5
  EUR/CAD    2.2    2.0
  EUR/CHF    2.0    0.7
  EUR/GBP    1.4    0.3
  EUR/JPY    1.3    0.5
  EUR/USD    1.2    0.3
  EUR/NZD    3.2    3.1
  EUR/ZAR    102.8    68.3
  GBP/AUD    3.2    3.1
  GBP/CHF    3.1    1.6
  GBP/JPY    1.7    1.0
  GBP/USD    2.2    1.3
  GBP/NZD    3.0    2.9
  GBP/CAD    3.3    2.4
  NZD/JPY    2.1    1.2
  NZD/USD    1.8    1.1
  USD/CAD    2.0    0.8
  USD/CHF    1.9    0.3
  USD/CNH    17.4    17.3
  USD/HKD    15.0    13.3
  USD/SGD    3.3    3.2
  USD/TRY    22.0    20.3
  USD/MXN    55.0    53.3
  USD/ZAR    16.0    15.0
  XAU/USD    3.0    2.1
  XAG/USD    2.1    2.0

ご覧いただけるように、オールイン口座に比べ、ノースプレッド口座はスプレッドが狭めになっていることが、よくお分りいただけることでしょう。※ただ、スプレッドの数値は常に変動しているため、こちらの数値はあくまで参考となります。

GEMFOREXのノースプレッド口座におけるスプレッドの狭さは、海外FX業者のなかでもトップクラスだと言われています。そして、ノースプレッド口座におけるスプレッドは、スプレッドが小さいことでよく知られている「国内FX業者」とも、遜色がないレベルだと言われているのです。

以下の表は、スプレッドが小さいことで有名な国内外のFX業者における、スプレッドを比較したものになります。

項目GEMFOREXDMM FXXMAXIORYTITANFX
USD/JPY0.30.31.10.41.0
EUR/USD0.30.41.10.40.9
EUR/JPY0.50.51.60.71.4
GBP/JPY1.01.02.11.72.2
AUD/JPY0.60.72.00.91.8
GBP/USD1.31.01.60.91.3
AUD/USD0.30.91.40.61.2
手数料なしなし1,000円600円700円

※DMM FXは固定スプレッド制で、それ以外のFX業者は変動スプレッドです。そのため、DMM FX以外は平均的なスプレッド値となっています。

比較表をご覧いただくと、GEMFOREXのノースプレッド口座がいかに低スプレッドだということが、よくお分りいただけることでしょう。さらに、他の業者と比べてGEMFOREXとDMMFXは取引手数料が無料だということも、大きいメリットだと言えますね。

ノースプレッド口座は裁量取引やスキャルピングに向いてる!

自分の考えを基にトレードを行なっていくという「裁量取引」や、取引を何度も繰り返して利益を積み上げていく「スキャルピング」を中心に行なっていくトレーダーにとって、GEMFOREXのノースプレッド口座は非常におすすめの口座だと言えるでしょう。

なぜかというと、GEMFOREXのノースプレッド口座には、裁量取引やスキャルピングにとって有利となる以下のような特徴があるからです。

  • 最大レバレッジが1000倍(小さい資金から1000倍もの大きい取引が行えるということ)
  • ゼロカットシステムがある(ユーザーの損失分を肩代わりしてくれるシステムのこと)
  • 約定力が高い(注文した価格で約定を成立させる力が高いということ)

これらの特徴があるため、ノースプレッド口座はスキャルピングや裁量取引におすすめできるというわけです。

ただ、ノースプレッド口座でスキャルピングをする際にはある注意点があります。それは、「短期間(5分間を目安)に往復合計10lot以上での連続した取引をする場合は、事前にGEMFOREXへ連絡しなければならない」というルールのことです。

許可を取らずにスキャルピングをした場合は、「取引停止」や「出金拒否」などのペナルティを課せられてしまいます。オールインワン口座ではこのようなルールはありませんが、ノースプレッド口座でスキャルピングをする際は注意が必要だということです。

そのため、5分間で往復10lot以上の連続取引をノースプレッド口座でするときは、かならずGEMFOREXへ事前連絡を怠らないようにしましょう。

ノースプレッド口座における5つのデメリット

ここまで、スプレッドが極めて狭いというノースプレッド口座について紹介してきました。前項までの説明だと、ノースプレッド口座はメリットばかりの欠点がない口座に思えてしまいますね。

ただ、ノースプレッド口座には主に、以下の5つのデメリットが挙げられます。

  • 初期預託金が30万円もかかってしまうこと
  • 新規口座開設ボーナスや入金ボーナスがもらえない・
  • スキャルピングなどの裁量取引専用口座だということ
  • MT5やcTraderを利用することができないこと
  • 対応通貨が33種類しかないこと

これらノースプレッド口座における6つのデメリットについて、実態をひとつずつ見ていきましょう。

初期預託金が30万円もかかってしまうこと

ノースプレッド口座において最も大きなデメリットとしては、「30万円($3,000)という大金が初期預託金として最低でも必要」ということが挙げられるでしょう。初期預託金とは、口座開設するために必要な、いわゆる証拠金のことです。

 オールインワン口座ノースプレッド口座
初期預託金100円($1)~30万円($3,000)~

このように、ノースプレッド口座と比べ、オールインワン口座では「100円($1)」という少額な証拠金から取引を行うことが可能です。そのため、オールインワン口座はFXトレード初心者の方でも、比較的気軽に口座開設をすることができます。

一方、ノースプレッド口座はFX上級者向きの口座だとも言われており、FX初心者にはおすすめすることはできません。このように、高額な初期預託金を設定していることも、ノースプレッド口座が上級者向けだと言われることへの、ひとつの理由だと言えるでしょう。

新規口座開設ボーナスや入金ボーナスがもらえない

GEMFOREXでFXトレードを行なっていく最大のメリットとして、「新規口座開設ボーナス最大2万円」「100%入金ボーナス」が挙げられるでしょう。

ただ、これらボーナスをもらうことができるのは、オールインワン口座のみだというのが現実です。すなわち、ノースプレッド口座を開設した場合は、これらのボーナスがもらうことができないということです。

オールインワン口座の場合は開設するだけで、最大2万円のボーナスをもらうことができます(※新規口座開設ボーナスキャンペーンは1万円の期間と2万円の期間があります)。さらに、入金ボーナスキャンペーンの対象者として選ばれると、入金額の丸ごと100%を口座に付与してもらうことができるのです。

このような豪華なボーナスをもらうことができないというのは、いちGEMFOREXユーザーとして残念な気持ちになってしまいますね。

ただ、FXユーザーのなかにはボーナスを悪用した「両建て(アービトラージ)」を行うユーザーもいるようです。両建て(アービトラージ)とは、同一銘柄における買いポジションと売りポジションを持つことです。

GEMFOREXでは、ボーナスを悪用した両建て行為や、複数口座における両建ては禁止しています。一方、ノースプレッド口座では初めからボーナスがないため、ユーザーがボーナスを悪用する恐れが少なくなるとも言えるのではないでしょうか。

スキャルピングなどの裁量取引専用口座だということ

前項で記述したとおり、ノースプレッド口座はスキャルピングなどの裁量取引専用口座となっています。すなわち、ノースプレッド口座では「自動売買ソフト(EA)」や「ミラートレード」などの、「自動売買」を行うことができないというわけです。

「自動売買」とは、売買の条件などをプログラムにあらかじめ設定しておくことにより、自動でトレードをしていくことを指します。このように、自動売買は機械的なトレードを行なっていくことができるため、一時の感情に惑わされることがありません。そのため、FXトレード初心者にとって、自動売買はおすすめのトレード方法だと言えます。

ノースプレッド口座では自動売買を行うことができない一方、オールインワン口座ではEAやミラートレードを利用することができます。こういったことも、オールインワン口座が初心者向け、ノースプレッド口座が上級者向けだと言われている理由のひとつなのです。

MT5やcTraderを利用することができないこと

ノースプレッド口座に限らず、GEMFOREXの口座で利用することができるプラットフォームは、「MT4(メタトレーダー4)のみ」となっています。そのため、MT5やcTraderなどの取引ツールは、利用することができません。

スキャルピングや裁量トレードと相性の良いMT5や、cTraderなどが利用できないというのは、ノースプレッド口座にとってはデメリットだと言えます。これらの取引ツールを利用したいという方は、「Tradeview(トレーディングビュー)」などの海外FX業者で口座開設したほうが良いでしょう。

対応通貨ペアが33種類しかないこと

以下の表は、各海外FX業者における通貨ペアの種類の多さについて比較したものです。

海外FX業者通貨ペア
LandFX67種類
Tradeview62種類
iForex61種類
Axiory61種類
XM57種類
TItanFX57種類
FBS28種類
GEMFOREX33種類

ご覧の通り、GEMFOREXのノースプレッド口座における通貨ペアは33種類しかなく、他業者と比べても少ないということが、よくお分りいただけると思います。トレードできる通貨ペアが少ないということは、それだけ利益を高めるためのチャンスが少なくなるということです。

業界における極狭スプレッドとなっているのに通貨ペアが少ないということは、ノースプレッド口座にとって大きなデメリットとなるでしょう。

以下は、GEMFOREXで取り扱っている通貨ペアの一覧になります。

・USD/JPY 

・CHF/JPY

・CAD/JPY

・NZD/JPY 

・ZAR/JPY

・AUD/CAD

・AUD/JPY

・AUD/NZD 

・AUD/USD

・AUD/CHF

・EUR/AUD

・EUR/CAD

・EUR/CHF 

・EUR/GBP 

・EUR/JPY

・EUR/USD

・EUR/NZD

・EUR/ZAR

・GBP/CHF

・GBP/AUD

・GBP/JPY

・GBP/CAD

・GBP/USD

・GBP/NZD

・USD/CAD

・NZD/USD

・USD/CNH

・USD/CHF

・USD/SGD

・USD/HKD

・USD/MXN

・USD/TRY

・USD/ZAR

GEMFOREXのノースプレッド口座では、マイナーな通貨ペア同士でのトレードができないため、希望の通貨ペアがある場合はよく確認しておきましょう。

CFD商品は取引できない

GEMFOREXのノースプレッドは通貨ペアが少ないのに併せて、「CFD商品(差金決済取引)」の取引ができないというデメリットがあります。すなわち、天然ガスや原油などの「エネルギー資産」や、日経225などの「株価指数」の取引には対応することができないということです。

そのため、GEMFOREXのノースプレッド口座での取引における自由度には、少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ノースプレッド口座における3つの注意点

ここからは、ノースプレッド口座における注意点についてまとめておきましょう。

ノースプレッド口座における注意点には、以下の3つがあります。

  • 厳密にいうとECN口座ではないということ
  • 専用のチャートを使わないと取引できない
  • スプレッド0.0pipsを意図的に狙った取引をしないこと

これら3つのノースプレッド口座における注意点について、ひとつずつご解説していきます。

厳密にいうとECN口座ではない

ECNは「Electronic Communications Network」の略で、日本語に直すと「電子取引所取引」となります。GEMFOREXのノースプレッド口座はECN口座だと言われていますが、厳密にいうとECN口座ではありません。

ECN口座における取引は、FX業者は取引に介入するのではなく、トレーダーとリクイディティプロバイダー(FX業者に為替レートを提示し、FX業者からの注文を受け付ける銀行)の仲介をします。

一方、上述したとおり、GEMFOREXのノースプレッド口座では「10lot以上の大口取引を連絡なしで行う場合に取引をキャンセルする」というように、取引に介入しているのです。このように、取引に直接干渉しているため、ノースプレッド口座はECN口座だとは言えません。

そのため、ノースプレッド口座は通常のECN口座だとは考えないほうが良いでしょう。

専用のチャートを使わないと取引できない

「ノースプレッド口座で取引できない!」というケースも存在します。このようなケースでは、まずは表示されているチャートを確認してみましょう。

ノースプレッド口座における取引では、「USDJPYfx」という専用のチャートを使わなければなりません。一方、オールインワン口座専用のチャートは「USDJPY」です。

以下の画像のような手順で、ノースプレッド口座専用のチャートを設定してください。

①気配値を表示する

②気配値を右クリックする

③「すべて表示」をクリック

気配値をすべて表示させると、通貨ペアのあとに「fx」が表示されます。「fx」がついた通貨ペアを右側にドラッグ&ドロップすることで、ノースプレッド口座専用チャートを表示することが可能です。

スプレッド0.0pipsを意図的に狙った取引はしないこと

GEMFOREXノースプレッド口座では、スプレッド0.0pipsを狙った取引はしないようにしましょう。なぜかというと、スプレッドが0.0pipsになるタイミングを意図的に狙ったトレードは、GEMFOREXノースプレッド口座では禁止されているからです。

このように、GEMFOREXノースプレッドでは、平均的なスプレッドで取引するユーザーのみが利用可能となっています。このルールを違反した場合は、GEMFOREXが不適切なトレード行為とみなすため、「アカウント停止」などのペナルティを課せられるでしょう。そのため、このルールをしっかりと把握しておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?超低スプレッド口座であるノースプレッド口座の実態について、理解を深めることができたと思います。

たしかに、ノースプレッド口座は業界トップクラスの低スプレッドを持っていることが分りました。ただ、ノースプレッド口座はスプレッドに身を削ぎ落としすぎたため、スプレッド以外が少し頼りないという側面もあります。

このようなノースプレッド口座口座を使いこなすためには、正しい知識はもちろんのこと、余裕のある資金が必要不可欠だと言えるでしょう。

ABOUT US

GEMFOREX(ゲムフォレックス) 専門億トレーダー
大阪大学卒業後、新卒で東京に本社のある一部上場IT企業に入社。ホームページ制作の部署に配属され、数年間勤務する。その後、280万を元手にホームページ制作会社を起業するも失敗。

一発逆転するため国内FXでそこそこ上手く行きそうな所で崩壊。。。最後の望みをかけた海外FXで見事一発逆転!!!海外FXを始めて、色々な業者を試した結果、運命の海外FX業者であるGEMFOREX(ゲムフォレックス)に出逢う!

GEMFOREXは、レバレッジが最大1000倍と日本では考えられない数値を設定でき、勝負どころでは収益を飛躍的に伸ばすことに成功し、日本円での資産は、2020年に1億を突破しました。(2020年10月に資産1億突破している通帳記帳も絶賛公開中)