GEMFOREXにおけるMT4の初期設定方法について

GEMFOREXを活用してFXトレードを行っているという方は、きっと世の中に多くいらっしゃるかと思われます。GEMFOREXを活用したFXトレードならではの取引方法といえば、「自動売買」がその1つだと言えるのではないでしょうか。

FXトレード初心者の方や、時間に追われてFXを勉強している暇がないという方にも、自動売買は非常におすすめの取引方法だと言われています。そして、その自動売買を行うためには「MT4(メタトレーダー4)」というソフトが必要になります。

MT4とは、世界中で利用されている高性能チャートソフトのことです。MT4は使い勝手も非常に良く、FXトレードにおける初心者から上級者まで多くの方が利用しています。

この記事では、高性能チャートソフトである「MT4」の初期設定方法などについてまとめたことをご紹介していきます。MT4の使い方を知ることができれば、便利な自動売買ソフト(EA)ソフトをFX取引に活用していけるようになるでしょう。

それでは、MT4の初期設定方法について早速見ていきましょう。

MT4の初期設定4つの手順【パソコン編】

まず、パソコンでMT4を設定していく方法について見ていきましょう。ここでは、パソコンでMT4を設定するための手順を4つに分けて解説していきます。

全体的な流れとしては、

「GEMFOREXのマイページからプラットフォームを選択」

  ↓

「windowsかmacを選ぶ」

  ↓

「口座番号とパスワードを入力する

  ↓

「MT4にログインする」

このような4つの流れでMT4の初期設定をすすめていきます。それではまず、「GEMFOREXのマイページからプラットフォームを選択」からやっていきましょう。

GEMFOREXのマイページからプラットフォームを選択

GEMFOREXでは新規口座を開設した後から、GEMFOREX公式サイトでMT4をダウンロードすることが可能です。多くの海外FX業者ではMT4かMT5(メタトレーダー5)などを取引用プラットフォームとして活用すると思います。

しかしGEMFOREXの場合はMT5に対応せず、MT4のみの対応となっています。そのため、「GEMFOREXを活用した自動売買がしたい!「GEMFOREXを活用したハイレバレッジ取引をしたい!」という場合は、まずMT4をダウンロードしなければならないということです。

MT4をダウンロードするためには、GEMFOREXのマイページから「プラットフォーム」をまずクリックしていきましょう。

GEMFOREX プラットフォーム 

プラットフォームをクリックすると、上図のように「PC対応MT4」「MAC対応MT4」「Android対応MT4」「iPhone対応MT4」「タブレット(android)対応MT4」「タブレット(iPad)対応MT4」「GEM MT4 Web Trader」「GEM MT4 VPS」という選択肢が表示されます。

windowsかmacを選ぶ

GEMFOREXのマイページから「プラットフォーム」を選択したら、パソコンでMT4をインストールする場合は「windows」か「mac」を選ぶ必要があります。windowsの場合は「PC対応MT4」を選択し、macの場合はそのまま「Mac対応MT4」を選択してください。

GEMFOREX MT4インストール方法

これでMT4のダウンロードが開始されます。

口座番号とパスワードを入力する

ここまでの手順でダウンロードされたMT4を起動すると、「口座番号」と「パスワード」を入力する画面が出てきます。

口座番号とパスワードの入力画面

このように表示された画面に、GEMFOREXの口座開設時したとき送られてきた口座番号パスワードを入力してください。これで初期設定は完了です。

MT4にログインする

このようにしてMT4をダウンロードしたら、次はMT4にログインしてみましょう。

MT4から「ファイル」→「取引口座にログイン」をクリックしていき、取引口座のログイン情報画面を表示させます。

MT4のログイン

取引口座のログイン情報画面が表示されたら、上図赤枠の「ログインID」「パスワード」を入力し、「サーバー」を選択してください。これらの項目を入力し終わったら、「ログイン」ボタンをクリックしましょう。

これで、MT4にログインすることができます。

MT4の初期設定2つの手順【スマホ編】

それでは、次にスマートフォンを利用してMT4を設定していく手順について見ていきたいと思います。現代はスマートフォンが急速に普及してきたので、「スマートフォンを活用してFXトレードをしていきたい!」という方は多いのかもしれませんね。

ここではiPhoneでMT4を設定していく手順についてご紹介していきますが、iOSやAndroidなど、どのOSでも同じ手順になります。そのため、Androidを使っているという方でも参考になることでしょう。

スマホでMT4を設定していく手順としては、「MT4アプリをインストールする」→「GEMFOREX口座を紐付ける」という手順になります。

それでは、まずMT4アプリをインストールしていくところから見ていきましょう。

MT4アプリをインストール

MT4アプリをインストールするためには、「App Store」や「Google Play」などでインストールする必要があります。上図のようなロゴをしている「Meta Trader 4」を探しだしたら、早速インストールしてみましょう。

MT4アプリのインストール

MT4が無事にインストールできたら、パソコンのときと同様に「口座開設時にGEMFOREXから送られてきた口座番号とパスワード」を確認しておきます。なぜかというと、これらの口座番号とパスワードは今後、GEMFOREX口座とMT4を結びつけるときに必要になるからです。

GEMFOREX口座を紐付ける

口座開設時に送られてきたGEMFOREXにおける口座番号とパスワードを確認できたら、先ほどインストールしたMT4を開いてみましょう。まだこの状態ではMT4とGEMFOREXを紐付けできていないため、MT4からGEMFOREXにログインする必要があります。

GEMFOREXの紐付け1

MT4を開いたら「設定」から「新規口座」を開いてください。そうすると「デモ口座を解説(ブローカを選択し、取引を学んで戦略をテストするために口座を登録したい場合)」「既存のアカウントにログイン」という2つの選択肢が出てきます。すでにGEMFOREXの口座を開設しているので、ここは「既存のアカウントにログイン」をタップします。

GEMFOREXの紐付け2

そのようにして新規口座を開くと上図のような画面が表示されます。そうしたら、GEMFOREXのサーバーを選択してください。GEMFOREXを選択すると、「ログイン名」「パスワード」を入力する画面が表示されます。

ここで先ほど確認した「口座開設時に送られてきた口座番号とパスワード」の出番となります。ログイン名には「口座番号」を入力し、パスワードはそのまま入力すれば良いというわけです。

口座番号とパスワードを入力し終わったら、「サインイン」をタップしてください。これで、スマホにおけるMT4の初期設定は完了となります。

また、MT4をもっと有効活用したい場合は、好きな通貨ペアを追加しておくと良いでしょう。

GEMFOREXの紐付け3

MT4にログインできない場合の4つの原因

ここまで、MT4の初期設定方法について順を追って解説してきましたが、「MT4にログインできない」「MT4にログインできない理由が分からない」という方も、少なからずいらっしゃるかと思われます。

そのような方に向けて、この項では「MT4にログインできない場合の原因」について見ていきたいと思います。

MT4にログインできない原因としては、「最新のMT4ではない」「口座が凍結されている」「パスワードが間違っている」「取引口座が間違っている」など4つの原因が挙げられるでしょう。

これらMT4にログインできない原因4つについて、ひとつずつ解説していきます。

最新のMT4ではない

MT4にログインできない原因のひとつとして、まず有力なことは「最新のMT4にアップロードしていない」ということです。以前MT4をダウンロードしたときから現在まで、最新のアップロードをしたことがないという方は要注意だと言えます。

もしもMT4をアップロードしたことがないという方は、古いバージョンのMT4のままかもしれないので、一度バージョンを確認してみましょう。

そして本当に古いバージョンのMT4の場合は、一度それをアンインストールしてください。アンインストールしてから、最新版をインストールすればログインできるようになるでしょう。

口座が凍結

「GEMFOREXで活用している口座が凍結している」という原因で、MT4にログインできないケースも存在するようです。口座が凍結される原因としては、「口座を90日間放置したとき」や、「GEMFOREXの規約に何らかの違反をしたとき」などが挙げられるでしょう。

規約違反の例としては、

・個人情報の詐称

・名義人以外の利用

・複数口座においての両建て(裁定取引)

・事前連絡なしで最大ロット数で取引したとき

などが挙げられます。これらが原因で口座が凍結されたことが分かった場合は、一度サポートに問い合わせてみると良いでしょう。

パスワードが間違っている

一番ありがちなことだとも言えますが、「パスワードが間違っている」という場合も、MT4にログインできない原因としてもちろんありえることです。ログイン画面は表示されているのにログインできないという場合は、ほとんどはパスワードの間違いが原因となっています。

パスワードの誤りが疑われる場合は、一度ご自身のパスワードを確認してみましょう。よくある間違いとして、GEMFOREXマイページのパスワードとMT4のパスワードを一緒に考えてしまっているケースが挙げられます。これらのパスワードはそれぞれ異なるものなので、混同しないように気をつけましょう。

前項で記述したとおり、口座開設時にGEMFOREXから送られてくるメールに記載されているパスワードを入力すれば間違いないです。メールを紛失してしまったり、どうしてもパスワードが思い出せない場合は、サポートに問い合わせてパスワードを再発行してもらいましょう。

取引口座が間違っている

パスワードと同様に、「取引口座が間違っている場合」も、MT4にログインできない原因となります。

GEMFOREXには、

・GemTrade-Live

・GemTrade-Live2

という2つのタイプの取引口座があり、選ぶ方を間違えるとパスワードが間違っていなくてもログインできません。自分はどちらの口座を選ぶのが正解なのか、あらかじめ確認しておきましょう。

MT4における2つの活用例

ここまでのご案内で、パソコンまたはスマホでGEMFOREXデフォルトのチャート表示ができるようになりました。

それでは、MT4の使い方について簡単に触れていきましょう。

ここからは、

「GEMFOREXにおいてMT4で売買する方法」

「MT4でチャート表示を変更する方法」

これら2つの方法について、ひとつずつ解説していきます。実際のMT4活用への参考としてしてくだされば幸いです。

MT4を活用して売買してみよう

それでは、GEMFOREXでMT4を活用した売買方法について見ていきましょう。

まず、MT4画面左サイドバーにある「気配値表示」から、これから売買しようと思っている通貨ペアを探します。売買したい通貨ペアが見つかったら、その通貨ペアを右クリックしてみましょう。

そうすると、下図のようなコンテキストメニューが表示されると思います。

MT4の売買方法

そして、このコンテキストメニューにおける「新規注文(N)」をクリックします(windowsの場合はF9キーを押すとクリックなしで選択できます)。

そうすると、次に実際の売買画面が下図のように表示されるでしょう。

MT4のオーダー注文

図に表示されているとおり、

・通貨ペア

・数量(取引ロット数)

・決済指値(現在のレートより上がってから売るために出す注文のこと

・決済逆指値(現在のレートより下がってから売るために出す注文のこと)

・注文種別

などの項目を入力・選択していきましょう。このようにして、GEMFOREXでMT4を活用した売買を行っていくというわけです。

MT4でチャート表示を変更する方法

それでは次に、MT4を活用してGEMFOREXのチャート表示を変更する方法について見ていきましょう。

MT4でチャート表示を変更するためには、「チャート描画ツール」を使っていきます。チャット描画ツールは、MT4チャート画面の左サイドバーや画面下に集結しています。

MT4の表示変更

上図のようにチャートを表示するには、「気配値表示」に表示されている通貨ペアを右クリックし、「チャート表示」を選択してください。そうすれば、画面上にチャートが表示されるでしょう。

そして、描画ツールをクリックすることで、

・時間軸の変更

・自動売買

・ズーム

このようなことができるようになります。さまざまな表示方法を試してみると、新たな発見があるかもしれませんね。

MT4が使えないときに役立つVPSとミラートレード

唐突ですが、回線不調などの何かしらのトラブルで、MT4が一時的に使えなくなってしまうことが極稀にあるでしょう。どうしてもMT4を利用したいときに、このような事態になってしまうと困りますよね。

そういった困った状況のときに役立つのが、「VPS」「ミラートレード」といったものです。これらのシステムはいったいどういうようなものなのか、あなたはご存知でしょうか?

ここからはMT4に関する予備知識として、MT4の補助・代替システムとなりうる「VPS」「ミラートレード」について、ひとつずつご紹介していきます。

VPSとは

停電などのトラブルでMT4が動かなくなってしまったときに役立つもの、すなわち補助システムになりうる「VPS」から、まずは見ていきましょう。

「VPS(Virtual Private Server)」とは、いわゆる「仮想専用サーバー」のこと。仮想専用サーバーとは、サーバーを仮想化(1台のサーバーで複数のサーバーを仮想的に運用すること)した上で、複数の専用サーバーを提供するというレンタルサーバーの一種のことです。

このようにサーバーを仮想化することによって、

・物理サーバーの台数を減らすことができるため、設置スペースを削減できる

・1台の物理サーバーを仮想化しまとめることで、サーバーリソースの有効活用ができる

・仮想化によって最新のハードウェアを利用することが可能となる

・サーバーの仮想化によって情報のバッグアップが可能となり、BCP対策(事業継続計  画)が実現可能となる

・仮想化によって新しいサーバーの購入・設置が必要ないため、新しいサーバーを速やかに 用意することができる

このようなメリットを得ることができます。このようなVPS(仮想専用サーバー)を活用することによって、自分のパソコンやスマホに直接インストールせずとも、MT4を利用することが可能です。

また、停電などでMT4が動かなくなるということも、VPSによって解消されるでしょう。通常はサーバー業者と契約をしなければVPSを利用できませんが、GEMFOREXでは口座残高が50万円以上ある場合は、無料でVPSを利用することができます。

興味があれば、今後重要度が増していく技術であるVPSを活用してみましょう。

ミラートレードとは

MT4の代替システムにもなりうると言われている「ミラートレード」。ミラートレードとは、いったいどのような技術なのでしょうか?

ミラートレードとは、ストラテジーという売買プログラムによって自動的にFXトレードを行うことができる取引方法のことです。ストラテジーとは、自動売買における取引情報を提供するプログラムやトレーダーのことを指します。

ミラートレードでは、インターネットを活用することで、ブラウザ上で運用することができます。そのため、MT4などの専用のソフトウェアをダウンロードする必要がなく、面倒な手間を省くことが可能です。さらに、ブラウザ上でFX取引のすべてを完結できるため、一日中パソコンをつけている必要もなく、サーバーをレンタルする必要もありません。

また、このようなミラートレードでは、プロが作成したストラテジーでFXトレードを行っていくことができます。そのため、専門知識がなくてもFXトレードを行っていくことができます。そのため、ミラートレーダーはFX初心者にもおすすめできる運用方法だと言えるでしょう。

ミラートレードを利用するためには、多くのFX業者では高い手数料が取られてしまうものです。しかし、GEMFOREXの場合、無料でミラートレードを利用することが可能です。GEMFOREXではMT4ができなくても、その代わりにミラートレードができます。

そのため、「それならMT4は必要ないんじゃないの?」と思われることでしょう。しかし、海外FXに携わっていく上で、MT4は必須のプラットフォームです。そのため、MT4は慣れるまで多少の努力を要しますが、できるかぎり使い方を身に着けておいたほうが有効的なトレードが行えるようになるでしょう。

ミラートレードはMT4の代わりにもなりますが、より自由度の高いFX取引を目指していくのなら、MT4を覚えておくことは重要なことです。

まとめ

いかがだったでしょうか。世界的に有名な高性能チャートソフトである「MT4(メタトレーダー4)」への関心を深めることができたでしょうか?

MT4の使い方を身につけることができれば、今までよりも合理的なFX取引を行っていけるようになるでしょう。

ABOUT US

GEMFOREX(ゲムフォレックス) 専門億トレーダー
大阪大学卒業後、新卒で東京に本社のある一部上場IT企業に入社。ホームページ制作の部署に配属され、数年間勤務する。その後、280万を元手にホームページ制作会社を起業するも失敗。

一発逆転するため国内FXでそこそこ上手く行きそうな所で崩壊。。。最後の望みをかけた海外FXで見事一発逆転!!!海外FXを始めて、色々な業者を試した結果、運命の海外FX業者であるGEMFOREX(ゲムフォレックス)に出逢う!

GEMFOREXは、レバレッジが最大1000倍と日本では考えられない数値を設定でき、勝負どころでは収益を飛躍的に伸ばすことに成功し、日本円での資産は、2020年に1億を突破しました。(2020年10月に資産1億突破している通帳記帳も絶賛公開中)