GEMFOREXのロスカット水準や証拠金維持率の最新情報まとめ

  • 「GEMFOREXにおけるロスカットの水準や証拠金維持率の最新情報が知りたい!」
  • 「現在のGEMFOREXにおいてのロスカットとマージンコールは、証拠金がどれくらいで発動するの?」
  • 「現在のGEMFOREXにおいて、ロスカットを防ぐためにはどうしたらいいか知りたい!」

このように考えていらっしゃる方は、きっと多くいらっしゃることでしょう。現在のGEMFOREXにおけるロスカット水準や証拠金維持率の最新情報を知っておかなければ、思わぬところで損失を被ったりすることもあるかもしれません。

ここでは、このように最新情報が知りたいという方に向けて、現在のGEMFOREXにおける「ロスカット」「マージンコール」「証拠金維持率」における最新情報をお伝えしていきたいと思います。また、「ロスカットの対策法」についてもご紹介していきます。

現在のGEMFOREXは、どのような現状になっているのでしょうか?早速、見ていきましょう!

ロスカットはユーザーの損失を抑える救済システム

「ロスカット水準とか証拠金維持率とか言うけど、そもそもロスカットとか証拠金維持率って何のこと?」というように思われている方も、少なからずいらっしゃることでしょう。これからGEMFOREXにおける最新情報をお伝えしていく前に、あらかじめ「ロスカット」「証拠金維持率」についておさらいしておきましょう。

「ロスカット」とは、外国為替証金拠取引(FX)において損失が拡大しないように、証拠金維持率が一定の水準に達した時点で、保持しているポジション(通貨の持ち高のこと)を自動的に清算することです。

すなわち、証拠金維持率が一定水準を達したときにポジションを清算することで、FXの投資家が損失を拡大しないようにするための救済システムが「ロスカット」ということになります。

また、「証拠金維持率」とは、口座残高と建玉評価総額に対する必要証拠金の割合のことを指します。ちなみに建玉評価総額とは、未決済建玉評価損益(建玉=FXにおける未決済分のこと)と累計スワップ(2国間の金利差から得られる利益を、未決済の建玉に付与したの合計額のこと)の合計のことです。

これでは少し難しいので噛み砕くと、ユーザーの口座にお金の余裕がどれだけあるかどうかを表しているのが「証拠金取引率」ということ。では、どのくらいの損失になると、ロスカットが発生するのでしょうか?

ロスカットが発生するタイミングは、証拠金維持率に左右されてきます。そのため、証拠金維持率を確認することが必要になってくるというわけです。

証拠金維持率は、「証拠金(時価評価総額)÷必要証拠金×100」という計算で表すことが可能です。このように証拠金維持率を確認することで、ロスカットのリスク状況を把握することができるようになります。

このように、ロスカットと証拠金維持率はとても密接な関係にあると言えるでしょう。ただ、FX取引を行うに当たって避けなければならないことに「強制ロスカット」というものがあります。

FXトレーダーにとって危険だとされている「強制ロスカット」とは、いったいどのようなことなのでしょうか?強制ロスカットについての詳細は、次項のでお伝えするとします。

強制ロスカットを回避するためのマージンコール

GEMFOREXを利用するユーザーの救済システムである「ロスカット」。ロスカットの話になると、それに併せて「マージンコール」という用語も出てくることが多いでしょう。ロスカットと同時に話題になることが多いという「マージンコール」とは、いったい何のことを指している言葉なのでしょうか?

前提として、FX取引を行っていくためにはFX業者で口座を開き、そこに証拠金として資金を預ける必要があることはご存知かと思われます。そして、その証拠金を元手に利益を上げていくというのがFX取引と呼ばれる取引です。さらに、GEMFOREXではレバレッジを活用することで、少額の資金でも大きく動かせることができるようになるでしょう。

ただ、レバレッジを活用し大きな利益を生み出していくということは、それは非常にリスクが高い行為だとも言えます。なぜかというと、レバレッジを利用して取引を行う場合は投資比率と比べて最大損失見込額(暴落のときに発生する可能性がある損失額の見込みのこと)が大きくなってしまうからです。

そこで、GEMFOREXなどのFX業者がユーザーに対して発信する警告が「マージンコール」です。「マージンコール」とは、FX業者に預け入れた証拠金がマイナスになる前に、FX業者がユーザーに対して追加料金を求める警告のことを指します。投資家が保持しているポジションを決済するときに、証拠金がマイナス数値になってしまう場合に、FX業者からマージンコールが警告されるということです。

このことからお分かりになる通り、マージンコールも証拠金維持率と密接な関係にあるということになります。証拠金維持率がどの段階でマージンコールが警告されるのは、FX業者によって異なるのです。ただ、多くのFX業者では証拠金維持率が50〜70パーセントになると、マージンコールを警告することが多い傾向となっています。

前項で出てきた「強制ロスカット」について。強制ロスカットは、ここまでご紹介してきたマージンコールによって回避することができるというわけです。

「強制ロスカット」とは、ユーザーがFX業者に預け入れた証拠金以上の損失が出た場合、相場の状況に関わらず強制決済が行われて、取引が強制的に中断されることを指します。強制ロスカットされてしまうとその時点で損失が確定してしまうため、FXトレーダーは強制ロスカットを絶対に避けなくてはならないというわけです。

そこで、強制ロスカットを回避するために役立ってくれるものが「マージンコール」マージンコールが警告されるということは、ロスカットが近いということを表しているからです。

そのためマージンコールを警告されたら、投資家は「自分の口座に証拠金を追加入金する」「ポジションの縮小」などの対策をすることで、強制ロスカットを防ぐことができます。結果的に、マージンコールはユーザーの救済システムになっているということが、よくお分かりいただけるでしょう。

GEMFOREX2020における最新情報

それでは、ここまでご紹介してきた「ロスカット」と「マージンコール」における最新情報について、見ていきましょう。GEMFOREXでは、証拠金維持率がどれくらいになるとロストカットが発生し、マージンコールが警告されるのでしょうか?

2020年9月現在における各FX業者の証拠金維持率におけるマージンコールとロスカットの水準は、以下の表のとおりになっています。

 マージンコールロスカット
GEMOFOREX証拠金維持率50パーセント証拠金維持率20パーセント
XM証拠金維持率50パーセント証拠金維持率20パーセント
AXIORY証拠金維持率50パーセント証拠金維持率20パーセント
TitanFX証拠金維持率90パーセント証拠金維持率20パーセント
マネーパートナーズFXnano証拠金維持率100パーセント以下証拠金維持率20パーセント以下
マネーパートナーズFX証拠金維持率100パーセント以下証拠金維持率20パーセント以下
DMM FX証拠金維持率70パーセント以下証拠金維持率50パーセント以下
GMOクリック証券証拠金維持率100パーセント以下証拠金維持率50パーセント以下
YJFX証拠金維持率100パーセント以下証拠金維持率50パーセント以下
GMOクリック証券証拠金維持率100パーセント以下証拠金維持率50パーセント以下
SBI FXトレード証拠金維持率100パーセント以下 証拠金維持率60パーセント以下 (2回に分けての警告)            証拠金維持率50パーセント以下
インヴァスト証券証拠金維持率120パーセント以下 証拠金維持率75パーセント以下 (2回に分けての警告)            証拠金維持率50パーセント以下
ゴールデンウェイジャパン証拠金維持率100パーセント以下証拠金維持率50パーセント以下
楽天証券証拠金維持率100パーセント以下証拠金維持率50パーセント以下
ライブスター証券証拠金維持率100パーセント以下 (全コース)  レバレッジ25コース 証拠金維持率25パーセント以下 レバレッジ25Hコース 証拠金維持率100パーセント以下
SBI証券FXなし証拠金維持率50パーセント以下
FXブロードネットなしブロード25(ライト) ブロード25(ライト)MC 証拠金維持率20パーセント以下 ブロード25(ライト)S 証拠金維持率100パーセント以下
アイネット証券なしアイネット25・25S 証拠金維持率15パーセント以下 アイネット25G 証拠金維持率100パーセント以下
外為オンラインなし個人L25コース 個人L25 miniコース 証拠金維持率20パーセント以下 個人L25Rコース 個人L25R miniコース 証拠金維持率100パーセント以下
外為ジャパン証拠金維持率100パーセント以下証拠金維持率60パーセント以下
FXプライム byGMO証拠金維持率100パーセント以下証拠金維持率80パーセント未満
マネースクエア証拠金維持率150パーセント以下証拠金維持率100パーセント未満
LION FX証拠金維持率200パーセント以下証拠金維持率100パーセント以下
ひまわりFX証拠金維持率150パーセント証拠金維持率100パーセント以下
セントラル短資FX証拠金維持率125パーセント証拠金維持率100パーセント以下
LIGHT FX証拠金維持率120パーセント証拠金維持率100パーセント以下
みんなのFX証拠金維持率110パーセント証拠金維持率100パーセント以下
マネックスFX プレミアム証拠金維持率100パーセント証拠金維持率100パーセント以下
サクソバンク証券証拠金使用率75パーセント以上 証拠金使用率90パーセント以上証拠金使用率100パーセント以上

※サクソバンク証券のみ、証拠金使用率になっています、証拠金使用率とは、入金額+評価損益において使用している証拠金の割合を表したものです。証拠金使用率が低いほど、ロスカットがされにくくなります。

※現在のGEMFOREXにおけるロスカット水準は20パーセントで、マージンコール水準は50パーセントとなっていることがお分かりいただけると思います。しかし、2018/12/10まで、GEMFOREXにおけるロスカット水準は50パーセントでした。

ロスカットを防ぐ5つの対策法

ここまで、GEMFOREXにおけるロスカットとマージンコール、証拠金維持費についてご紹介してきました。強制ロスカットを避けるためには、業者からの警告であるマージンコールの指示にしたがうことが重要です。このように、前項まではロスカットを防ぐための方法について軽く触れてきました。

ただ、マージンコールの警告が業者から来るということは、あらかじめロスカットの対策ができていないということになります。そのため、マージンコールの警告を受けないための対策法も知っておく必要があるということです。

ロスカットをあらかじめ防ぐための対策法としては、「出来るだけ低いレバレッジで取引をすること」「損切りする場合のルールをあらかじめ決めておく」「両建てをすること」「証拠金に応じてポジションサイズを変える」「資金を追加する」という5つの対策法が挙げられます。

それでは、ロスカットを防ぐことができる5つの対策法について、ひとつずつ見ていきましょう。

出来るだけ低レバレッジで取引すること

GEMFOREXにおけるロスカットを防ぐ対策法として、まず「低レバレッジで取引すること」ということが挙げられます。

前項で上述したとおり、レバレッジを活用することで小さな資産を大きく動かすことが可能です。また、レバレッジを利用して取引を行う場合は最大損失見込額が大きくなってしまうため、ハイリスクになってしまうこともお伝えしました。

しかし、レバレッジは高いほうがロスカットされにくいという特徴があります。ただ、このレバレッジはいわゆる「最大レバレッジ」のことです。

最大レバレッジとは、元手の資金から最大何倍まで取引できるかというものを表したものを指します。すなわち、最大レバレッジを高めに設定したほうが、GEMFOREXにおいてロスカットされにくくなるということです。ちなみに、GEMFOREXにおける最大レバレッジは1000倍となっています(国内FX業者は25倍)。

そして、この項で言う「レバレッジを低くする」ということは、「実効レバレッジ」において低レバレッジに設定するということです。「実効レバレッジって、最大レバレッジとどう違うの?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。

実効レバレッジとは、実際の取引において資金の何倍で取引しているかということを表したものを指します。実効レバレッジは、取引額に対する有効証拠金(取引として利用可能な証拠金の総額のこと)で求めることができます。

また、同じポジションを持っている場合でも資金が減ってしまうと、実効レバレッジが上がってしまうことも特徴の1つ。以下は同じポジションを持っている場合において、資金の違いによる実効レバレッジの推移を表した表になります。

取引額資金量実効レバレッジ
100万円20万円5倍
100万円10万円10倍
100万円5万円20倍

この表からお分かりいただけることは、初めから大きいレバレッジで取引することは、ロスカットを早めていることに変わりないということです。そのため、FX初心者の方などは、低レバレッジから取引を始めるほうが、ロストカットを避けることにつながるでしょう。

損切りする場合のルールをあらかじめ決めておく

さらに、「損切りルールをあらかじめ決めておく」ということも、ロスカットを防ぐ上で有効的な対策法だと言えるでしょう。損切りルールを事前に決めておくことは、投資家が損失の拡大を防ぐうえで非常に重要なことです。

「損失が〇〇になったら損切り」「証拠金が〇〇円になったら損切りする」など、自分で決めた損切りルールを厳守することで、自分の身を守ることにつながります。自分の感情に惑わされず、ルールを厳守していくことが何より重要だと言えるでしょう。

両建てをすること

ロスカット回避のためには、思い切って「両建て」をするのも手のうちです。「両建て」とは、FX取引で同一の通貨ペアにおいて、買いポジションと売りポジションを同時に保有することを指します。また、「裁定取引」「アービトラージ」とも呼ばれています。

たとえば、FX取引において損失が生じたときに反対ポジション(損失を出しているポジションの反対のポジションのこと)を取ることによって、それ以上の損失を拡大するのを防ぐことができます。そして結果的に、GEMFOREXにおけるロスカットを防ぐことにつながるということです。

ただ、両建てはスプレッドやスワップポイントの負担を被ることにもつながるため、経済的合理性に欠く取引だとも言われています。

証拠金に応じてポジションサイズを変える

FX取引における損失を抑えるためにも、証拠金維持率や許容金額を考慮しながら、証拠金に応じてポジションを変えていくことも大切なことです。ポジションサイズを証拠金に応じて変えていけば、安全圏においてトレードを続けていくことができるでしょう。

また、FX取引において一番大事なことは「トレードを続けていくこと」だとも言われています。そのため、安全にFX取引を続けられるように、自分の身の回りの安全を確保していくことは、非常に重要なことなのです。

トレードを行っていくための資金には、もちろん限りがあります。そのため無理な取引などはせず、資金を大切にしながらFX取引を行っていきましょう。

資金を追加する

「資金追加」は、あまりおすすめだとはされていないロスカット対策法です。資金追加は、国内FXにおいては「追証(追加証拠金の略語)」と呼ばれています。

資金追加をすることでFX口座における資金量(証拠金)が全体的に増加し、証拠金維持に余裕ができ、ロスカットを回避できるということです。ただ、その追加資金は「生活費」「貯蓄」などから引き抜くことが多いと思います。

そのため、FXトレードを続けていくために、生活を無理に切り詰めるということになってしまうため、あまりおすすめできないというわけです。前項でお伝えした「FXは安全に続けていくことが大事」ということにも反してしまいます

そのため、資金追加(追証)は「ロスカット回避における最終手段」として留めておくことが大切です。

まとめ

GEMFOREXにおける「証拠金維持率」「マージンコール」「ロスカット」「ロスカット回避方法」などについて、理解を深めることができたと思います。FX取引を安全に続けていくためにも、ここでお伝えしたことはよく覚えおくといいでしょう。

ABOUT US

GEMFOREX(ゲムフォレックス) 専門億トレーダー
大阪大学卒業後、新卒で東京に本社のある一部上場IT企業に入社。ホームページ制作の部署に配属され、数年間勤務する。その後、280万を元手にホームページ制作会社を起業するも失敗。

一発逆転するため国内FXでそこそこ上手く行きそうな所で崩壊。。。最後の望みをかけた海外FXで見事一発逆転!!!海外FXを始めて、色々な業者を試した結果、運命の海外FX業者であるGEMFOREX(ゲムフォレックス)に出逢う!

GEMFOREXは、レバレッジが最大1000倍と日本では考えられない数値を設定でき、勝負どころでは収益を飛躍的に伸ばすことに成功し、日本円での資産は、2020年に1億を突破しました。(2020年10月に資産1億突破している通帳記帳も絶賛公開中)