大阪大学サイエンス・テクノロジー・アントレプレナーシップ・ラボラトリー

  • 組織
  • アクセス
  • リンク
  • お問い合わせ
  • パンフレット
  • English
ホーム > 学部教育 > [先端教養]技術と社会 > [先端教養]技術と社会:2012年度

[先端教養] 技術と社会

2012年度テーマ:製品の最期から考える製品

廃棄された製品の処理とリサイクルの現場を訪問し,製品の在り方について考えます。

最終発表(1)   最終発表(2)

2012年度 訪問先

ごみの減量、再資源化および再生利用を図り、快適な生活環境づくりと循環型社会を形成するため、市民のリサイクル活動を推進する拠点として活動。<吹田市>

 

主に複写機やパソコン、携帯電話、ファクシミリなどの使用済みOA機器のリサイクルを行う。OA機器1台1台を手解体・手選別により解体することで、リサイクル率90%以上を維持・継続。<三重県伊賀市>

2012年度 フォトギャラリー

学部教育
実学主義
ASG
発明・発見
異分野融合カフェ
このページの先頭へ

Copyright© e-Square,Osaka Univ.