大阪大学サイエンス・テクノロジー・アントレプレナーシップ・ラボラトリー

  • 組織
  • アクセス
  • リンク
  • お問い合わせ
  • パンフレット
  • English
ホーム > 大学院教育 > [物質生命工学特別課題演習]計測機器制御 > 計測機器制御:「計測機器制御」について

計測機器制御:「計測機器制御」について

開催概要

本プログラムは、工学研究科生命先端工学専攻物質生命工学コースにおいて実施されています。新しい学際研究領域を開拓、発展させる能力を養成することを目的とし、所属研究室以外の1研究室を選択し、その研究分野の研究実習を受けて自己の研究分野以外の研究手法の基礎を習得します。前期(修士)課程1年次の履修科目です。※2012年度実施

演習実施内容

先端レーザー技術を用い、光と物質の相互作用を通じて物質系のダイナミクスを明らかにすること、また、ダイナミクスに関する知見を基礎とした新しい分光技術の開発を行っています。また、そのための計測手法の開発を行っています,特別課題演習では,特に計測手法の開発にとって重要なSoftware技術を習得することを目指します.計測機器制御においてスタンダードとなりつつあるLabVIEWを用いた簡易計測アプリケーションの作成を行うことを目的に,実際に計測器などの制御を含むプログラミングをしていただき,計測システム内で行われているHardware/Software技術の理解を深めていただきます。

 1. 計測とは
 2. 簡単な計測を使った制御アプリケーションの作成
 3. LabVIEWの使用方法
 4. LabVIEWを用いた簡易計測アプリケーションの作成

受講対象者

工学研究科生命先端工学専攻物質生命工学コース修士1年

大学院教育
実学主義
ASG
発明・発見
異分野融合カフェ
このページの先頭へ

Copyright© e-Square,Osaka Univ.