大阪大学サイエンス・テクノロジー・アントレプレナーシップ・ラボラトリー

  • 組織
  • アクセス
  • リンク
  • お問い合わせ
  • パンフレット
  • English
ホーム > 大学院教育 > [超域イノベーション博士課程プログラム]デジタルなものづくりをしてみようI > デジタルなものづくりをしてみようI:開催概要

デジタルなものづくりをしてみよう I

開催概要

開催概要

「ものづくりには、専門的な知識と熟練された技術が結集されており、個人で手が出せるモノではない」と考えがちです。しかしながら、その技術をデジタル化することで、これまで複雑であった「ものづくりのプロセス」が、個人でも楽しめるような時代になってきました。これは、昔の大型コンピュータが、現代ではパーソナル化されてきたのと同じであると言われています。

開催概要

今後、その傾向はさらに進み、必要なものをその場で必要な数だけ作るという時代が来ると考えられています。
そこで、この授業では、e-square2階に整備された3Dプリンタなどのデジタル工作機器を活用し、アイデアを形にするプロセスを体験してもらいます。ものづくりのプロセスは、実社会においても重要なプロセスであり、それを組み立てるツールの一部に触れることで、プロセス全体の理解を深めることを目標としています。

受講対象者

超域イノベーション博士課程学生

大学院教育
実学主義
ASG
発明・発見
異分野融合カフェ
このページの先頭へ

Copyright© e-Square,Osaka Univ.