大阪大学サイエンス・テクノロジー・アントレプレナーシップ・ラボラトリー

  • 組織
  • アクセス
  • リンク
  • お問い合わせ
  • パンフレット
  • English
ホーム > 大学院教育 > [高度副プログラム] 実学主義 「企業の視点で科学する」 > [高度副プログラム] 実学主義 「企業の視点で科学する」:企業様へ

[高度副プログラム] 実学主義 「企業の視点で科学する」:企業様へ

プログラムの趣旨

企業と大学のパートナーシップが、相互のメリットを創出。

大阪大学e-squareが運営するプログラム「実学主義」。企業様の協力を賜ることで、学生が日頃取り組んでいる研究が、商品開発や製造の「現場」で活用されている様子を学べる環境を作ることができました。学生にとってはまたとない機会であると同時に、協賛企業様にも教育CSRの実現をはじめ様々なメリットを提供できる、相互に意義のある講座として成熟させていきたいと考えています。

産学連携開講講座「実学主義」

協賛企業様インタビュー

私たちのビジョンとマッチした、「実学主義」の考え方。日本ナショナルインスツルメンツ株式会社 ウグル ユジュン 星大輝

「DO ENGINEERING」というテーマを揚げ、アカデミック部門に重点を置いている当社のビジョンと、「実学主義」の考え方がピタリとマッチしていたこと。それが、このプログラムに協賛することになった大きな理由です。優秀な技術者を生むためには、仕事に就く前から実践的な経験や視点を養う必要があり、その機会を提供したいというのが当社としての願いでした。また、大阪大学で授業を行ったという実績は、会社の信頼につながったり、製品の導入事例として紹介させていただくことで宣伝効果が見込めるなど、当社としてもメリットの多い講義となりました。

「NI LabVIEW」をはじめ、当社の製品は、幅広い分野の企業で研究に活用されています。それを大学の講座で学び、身につけたことは入社後すぐに活かせる財産となるはずです。大学だけで完結してしまう内容ではなく、社会でそのまま応用できる知識や経験を培う。企業・大学が一体となり、一貫性のある教育を提供し続けるために、今後も協力態勢を整えていきたいと考えています。「実学主義」で学んだ受講生の方々が、一人でも多くの優秀なエンジニアとして産業界の発展に力を発揮してもらえば、私たちにとってこれ以上の喜びはありません。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社様 webサイトへ

有意義な教育の場を提供することは、企業の務めだと思う。ローム株式会社 大西大

ロームでは、次世代を担う人材の育成が非常に重要だと考え、未来のエンジニアや若い音楽家などへのさまざまな支援活動を実施しています。「実学主義」のプログラムは、この考えにも合致し、私自身も学生時代にこのような機会があればと思っていたこともあり、担当させていただくことになりました。より実践的な実習を一緒に行うという試みは、当社としても稀なケースでしたが、企業の雰囲気を肌で感じていただけただけでなく、学生の方々の新しい意見や考え方に接することで、担当社員にとっても成長の契機となるなど、お互いに利点のある講義になったのではないかと思います。

大学での講義・研究と社会との結びつきを実感する機会は、決して多くないのが現状だと思われます。また、大学内でのカリキュラムだけでそれを満たすには限度があることでしょう。教育機関でカバーしきれない部分を補い、「現場」で起きていることやプロフェッショナルとしてのモノの考え方・発想法を伝えることは、企業が果たすべき務めではないかと思います。大学と企業が今まで以上に連携を密にし、意見を交換しながら有意義な教育を生み出す。「実学主義」がさらなる発展を果たし、新しい産学連携の形として根付いていく道筋をサポートしていきたいと考えています。

ローム株式会社様 webサイトへ

大阪大学e-squareでは、高度副プログラム「実学主義」に協賛いただける企業様を募集しています。私たちの考えにご賛同いただける企業様、産学連携態勢の強化をご検討中の企業様は、ぜひご連絡いただければ幸いです。

お問い合わせ
大学院教育
実学主義
ASG
発明・発見
異分野融合カフェ
このページの先頭へ

Copyright© e-Square,Osaka Univ.