大阪大学サイエンス・テクノロジー・アントレプレナーシップ・ラボラトリー

  • 組織
  • アクセス
  • リンク
  • お問い合わせ
  • パンフレット
  • English
ホーム > イベント > 異分野融合カフェ > 異分野融合カフェ:第11回開催レポート

異分野融合カフェ:第11回開催レポート

大阪ケイオス 福社長になって経営者体験!

No11

日時/2013年7月24日(水)
場所/e-square5階交流サロン
参加人数/22名

第11回目のゲストは、ものづくり企業集団「大阪ケイオス」から原田徹朗さん、松田英成さん、松井麻里さんに来ていただきました。松井さんが進行役となって、大阪ケイオスの紹介やユニークな人づくりプロジェクトについて話題が繰り広げられました。学生が”福”社長として経営者に同行するという「コンソーシアム型アプレンティスシップ工場萌えツアー」には、「参加したい!」という声が会場から多く寄せられました。中小企業に対するイメージが変わった人も多いのでは…。会場には、松田さんの会社(マツダ(株))が昨年の全日本製造業コマ大戦近畿予選で優勝して総取りしたというコマが多数展示されました。参加者の皆さんは手に取ったり、回してみたりして、各社のデザイン、素材、性能の違いを確認して楽しんでいたようです。

フォトギャラリー

参加者からの感想「ひとことカード」

みなさまに記入していただいた「ひとことカード」の一部をご紹介させていただきます

  • 社長の人としての熱さが伝わってきた。ツアーにも参加したいです!!(工・博士1年)
  • 大阪ケイオスの活動は、非常にたくさんの企業と触れ合えて、とても大切な関係を築ける面白い活動でした。来て良かったです(工・修士1年)
  • とても興味深い面白い内容でした。工場萌えツアーにぜひ参加したいと思いました(工・修士1年)
  • 中小企業に就職するという新たな選択肢が広がった。本当に良い企業を見極めたい(工・3年)
  • ユニークな経営者の方々が集まると、「3人寄れば文殊の知恵」を越えるような面白いことがたくさんできるのだなと思いました。小さい会社でも楽しく仕事をするか、大企業で高給でも苦しんで仕事をするか比べてみると、前者の方がいいなって感じます!(工・4年)
  • 中小企業ならではの風通しの良さ、機動力を感じられた。中小企業は新入社員に対する熱心さがある(基礎工・修士1年)
  • 良い話を聞きました。ぜひツアーに参加したいです(人間科学・博士2年)
  • 20年前だったら参加していたかもしれません。自分に活を入れるためにも、経営者としての経験はいいものになると思います。中小企業の経営者のお話を聞くのはとても有意義で勉強させてもらえるので有難いです(大学職員)
  • 中小企業の情報がなかなか入らない中、こうして機会を作ってくれたのは嬉しかった。リアルタイムで仕事が進んでいく、その傍にいて社長業を経験する、楽しそうだ(工・修士1年)
  • 管理職(経営者)と社員は対立しがちですが、今回お話しいただいたような研修は、管理職を理解し、フォロワーシップを育てるのに役立つのかなと思いました。たくさんの企業さんが参加されているので、新入社員同士の企業を越えたつながりを作るのもうまいやり方だなあと思いました。(医・修士2年)
このページの先頭へ

Copyright© e-Square,Osaka Univ.