大阪大学サイエンス・テクノロジー・アントレプレナーシップ・ラボラトリー

  • 組織
  • アクセス
  • リンク
  • お問い合わせ
  • パンフレット
  • English
ホーム > 最終報告会2012年8月10日

最終報告会2012年8月10日

最終報告会

■日時:8月10日 13時30分から
■場所:スチューデントコモンズ 開放型セミナー室で開催いたします.

■審査員:植西雄司氏.小南典子氏,小川晃生氏,小林哲郎特任教授,兼松泰男教授,小西毅准教授,寺井慶和講師

■発表時間:1チーム 7分発表/3分質疑応答

■プレゼン方法:パワーポイントを使ったプレゼン.(ファイルは当日提出)

 

2012年度の最終報告会の各審査員の先生からのコメントを掲載いたします。
総評と各チームへのコメントを掲載しております。今後の活動に是非役立ててください。

 

総評

各審査員の先生からいただきました総評を記載いたします.

・皆様,発表お疲れ様でした.皆さんとても発表を楽しんでいるようで,聞いていて楽しかったです.プレゼンの半版に向けた準備がいろいろと 忙しい中で大変 だと思いますが,いろいろなアイデアや発見が有り,いい経験になると思います.もう少し”発表の仕方”を練習したらもっと良くなると思いました.パワーポ イントの操作や,発表内容で戸惑っているとビジネスでは致命的です.制限時間内にきちんと収まるか,発現時の立ち振る舞い等は,一度ビデオに撮って確認す ることをお勧めします.プレゼンでは内容50%,発表50%で評価されるので,今までの準備刃もちろん,本番の10分に集中した訓練は社会人になってもと ても役に立つと思いました.もう少し学生がこのセミナーを本気で取り組めるような仕組みを作ればもっとすごいことになりそうです.

・非常に興味深い発表が有り楽しかったです.身の回りお身近な物に対し,疑問を持ちいろいろとアイデアを出すコトは研究の行う上でも大切です.このような活動が全学的に広まりアイデアを生むという意識がもっと学生に広まると学生レベルのアップに繋がると思います.

・まとめていくところは上手.しかし大きな発想の展開がほしい.実はテーマ出しという所への執着をどう引き出していくかが問題.少なくとも姿勢だけは,授業を越える必要がある.制限がないのを活かすことを誘導する方法が必要.

・ それぞれの努力の跡が見ることが出来,とても興味深く拝見しました.実際に試作品を作るといろいろ課題も出てきますが,新しい発見もあったと思います. 試作を経て改良を加えたチームは高く評価しました.また,最も成長が見込まれる「」や「エコ」などのマーケットに着目す等,良いアンテナを持っておられる と思います.今後,これらの良い点をのばして行かれることを大いに期待します.

・実際にやって見た後と,構想段階の時とのギャップが大事.そのすり合わせや飛びを大事にしながら目的を達成していく家庭の初歩的なモノ(芽生え)が見えていたものもあり,興味深かった.

・プレゼンは格段に良くなっている.大学生的な科学性や知性のある発明が少ない→売れる商品には関係はない.試作無しが多い.身の回りのモノが多く,ビックなモノが少ない.自然と絡むモノがほしい.

・ 全体的にこだわりのアイデアが少なかった気がします.それとアイデアの横展開が無くて残念なアイデアがいくつかありました.本→電子化→黒板消し→窓清 掃など.何でも良いから試作を作る方がやはりアピールに.毎年思うのですが,プレゼン資料は分かり易い.発表練習はした方が良いです.

 

 

各チームへのコメント

 

■Team01: SAKA’s キッチン

類似品が既にハンズにあるのが残念ですが.トップバッターで緊張している中でしっかり発表できていました.他の応用も出来そう!!風呂洗いようとか.
パワーポイントの求め方が良い.デザインもきれい.分かり易かった.
まとめ方は上手い.本当に必要→肌荒れが気になる人へアピールできるか.
問題意識は明確.もう少し実際に使って改良してみてはどうでしょう.
一般のユーザーのコメントなどの調査も入れていくと良かったと思う.
100円均一商品として○.機械ではない楽しみがある.
スポンジの課題認識はユニーク.但し,実用面でもう一つ.パワポは要点が上手くまとまっている

■Team02:つめきりーぱみゅぱみゅ
築地品のチェックや改善点も出来ていて◎.発表も落ち着いてはっきり発現出来ていました.改善品も出来たらもっと良かった.
アイデアはおもしろいが,もう少し工夫があると実用的と感じた.
本当に必要な所は何処だろうか.意外な展開を考えて見れば.
ページをとめるという単純な動機なので,もっとアイデアを出してみるともっと良くなるのでは.
単純な発想だけれどもおもりを吸盤に変えることで新しい使い方だ生まれているところは評価出来る.
実用的には△.広く考えていない.
iPadで試してほしかった.話し方にもっとパワーがほしい.

■Team03:チームまた来週(仮)

クールビズというテーマが時期的にも良く,発表も上手でした.ネクタイのアイデアは,少々無理があるかと思いました.パワポは見やすかった.
季節にあったアイデアでおもしろかったです.
使ってみたい人がどれくらいいるだろうか.
実現可能性の高いアイデアだとおもいます.
白くまの気持ちの愛用者なので,良いかも!と思いました.個人的な印象ですみません.
独創性に欠ける.
着想はおもしろいがマジックテープでは?ネクタイ+ボタン付きシャツ.資料は分かり易い.

■Team04:チームむつごろう

つかみのトークがおもしろかった.・・・が,全体的な準備不足を感じました.結局どんな黒板消しなのかイメージが分からないところが×.
話はおもしろかった.新しい黒板消しの具体的イメージが伝わらなかった.
なぜ黒板消し.何とかは発表を形にしたレベル.
発表はとても楽しかったです.
何かがずれているような感じだけど,表現はおもしろい.
見えにくい(ギャグ).
黒板とチョーク→発想をもっと先へ.電子にこだわってほしかった.→横展開では窓とか.

■Team05:五班

既存製品の分析をしていて◎.においで目覚ましとして,いまわさびの製品があるところはなるほどと思いました.
アイデアの具体性が足りない.調査の量は多いと感じた.
最終型が出来ていない.ブレスレットだけで良いのでは.
今,最成長が望める香りマーケットです.いいところに目をつけたと思います.
アンケートをしたのは良かった.
既存商品のまね.開発していない.
目覚まし時計,聴覚以外に振動するブレスレット,珈琲の香り,試作品がほしい.

■Team06:チーム(は行)

マスクのアイデアは良かった.トイレの壁は越すとの点でどうか.発表は上手.質疑も丁寧な対応◎.
よく調査をしていて発表も分かり易かったです.
実際に作って使ってみた?
マスクの発想は非常に評価します.
ファブリーズとの比較は?
テストしていない.
マスクでも対応+壁紙への着想はおもしろい.もう一歩突っ込んで,いままで一番周りを巻き込んだ.

■Team07:AKM54

3人それぞれのアイデアが特徴有り,どれもGOOD!! 実現できそうな案であり,パワポも分かり易く,発表も自信がある感じで◎.
マウスにこだわってフォーカスされていた点でおもしろい.
何か作ってみたら良かったのでは.
着想は評価しますが,出来れば,一つでも試作すればさらに良かったです.
少し理系らしい印象が良かったのですが,本当にそれで充電出来るのか(十分に)という点が...
数で勝負
マウスへのこだわりが良かった.身近な課題で分かり易いがプレゼンに工夫要.

■Team08:BB★ムーン

発表の演出がすばらしい.マインドマップの配布年作品の登場,音楽,プレゼンのやり方どれも◎.ネーミングもいい!ニーズがあるか,が課題ですね.
演出がおもしろい.アイデアもgood!個性的バッグの作成として使えそう.
使うシーンをよく考えると,展開が可能では?
独創性と作り込みの努力はとても評価します.
単純にほしいと思いましたが...プレゼンはもう少し聴衆とペースを合わせられると...
説明に熱が入っている.
試作とプレゼンが一体で分かり易かった.

■Team09:雨男と晴女

傘の機能を上げるのでは無く,愛着を持たせるという発想はすばらし,発表も上手でした.
傘のカスタマイズができるのがおもしろい.傘のゴミが減って良いと思う.
発想を転換するところはgood.
パーツ変換というアイデアは評価します.
モノの機能の工夫だけで無くモードを作るというコンセプトは(稚拙でも)良かった.
やはり試作があると理解しやすい.

■Tema11:チーム サティスファクション(Processingの楽しみ)

プログラミングお疲れ様でした.はじめてもプログラミングは大変だったと思います.学生時代のものづくりはとても良い体験になると思います.音と映 像のコ ントロールをもっと突き詰めてほしいです.Arduinoはいろんなコトがもっとできると思います.楽しんで試行錯誤してしてほしいと思いました.
苦労は伝わってきた.努力は認める.
もどかしいところで至ったという点が評価出来る.段階的指導が必要では?
バナコンガのアイデアは評価します.楽しい発想です.
実際にぶつけた音の方が大きかったりして,,でも楽しいお題で良かった.
思いつきは良いが,できあがりはお粗末.
子供達に早い段間で音楽にバナナをたたく発想は有り.

 

審査結果

発表内容 表現技術 合計
Team01: SAKA’s キッチン 51 55 106
Team02:つめきりーぱみゅぱみゅ 51 50 101
Team03:チームまた来週(仮) 50 54 104
Team04:チームむつごろう 40 48 88
Team05:五班 44 48 92
Team06:チーム(は行) 52 52 104
Team07:AKM54 55 53 108
Team08:BB★ムーン 56 60 116
Team09:雨男と晴女 55 54 109
Tema11:チーム サティスファクション 52 55

107

  ■審査員1人20点,7名で審査:合計140点満点

 

当日の様子:

 

Categories:

Archives:

Recent entries:

このページの先頭へ

Copyright© e-Square,Osaka Univ.